ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ゆるリタイアと雑記

ツイッターがバズった話と、同一労働同一賃金に思うこと。

今回は雑記です。投資の話からは離れて、ツイッターの話と働き方の話になりますので、興味のある方はこのままどうぞ。 簡単に要約すると、「人生初バズりを経験したので、記事を書いてみた」です。 <目次> 人生初バズ バズった理由と呟いた理由 同一労働に…

【続・一身上の都合により】組織改編の後日談と、何でも屋の資産構築

今回は投資とは関係のない記事で、従業員としての私の雑記になります。自分語りの記事に価値はあるのか? とも思いましたが、ブログなんて所詮はそんなもの。 以前に書いた記事が存外好評でしたので、柳の下の二匹目ということで続編を書いてみようと思いま…

投資の目的は投資だけではない、という独り言。

今回は雑記です。私は今でこそクラウドファンディング投資家を名乗っていますが、以前は色々な投資に手出しをしていました。 その時と今で何が変わったのか、少し書いてみたいと思います。釈迦に説法となる方も多いとは存じますが、お茶請け代わりにご笑覧下…

気軽に気楽に、会社を作ってみませんか?

今回は、これからの時代に向けての考え方の紹介です。仕事が辛いという人、多いのかもしれません。 雇われの仕事と思うから辛い、ということもあるでしょう。そんな時に考え方を変えてみては?単なる思い込みと言われればそれまでですが、鰯の頭も信心からと…

「FIRE」の影となる「DIRE」と、私が目指したい姿

今回はFIREネタです。新型コロナウィルスの全世界的蔓延、それによる各国経済の縮小は、FIREという動きにも大きな影響を与えています。 そんな中から生まれてきた「DIRE」という言葉についての紹介と、私なりの考えを紹介します。 <目次> FIREのダークサイ…

投資リスクが過大かどうか、見分ける簡単な方法

今回は雑記です。タイトル通り、投資のリスクが過大かどうかを簡単に見分ける方法を紹介します。 投資だけではなく他のことにも使える、汎用性のある方法だと思いますので、良ければ参考にしてください。 <目次> 投資における、リターンとリスク リスクが…

ブログにもEXITはあるのでしょうか?

今回は雑記です。ベンチャーやスタートアップに投資するECF(株式投資型クラウドファンディング)では、EXIT、つまり出口戦略が重要になります。 今回はこれを、ブログで例えたらどうなるのだろう? と考えてみました。とりとめのない内容ですが、興味ありま…

【職場面談の顛末】一身上の都合により・・・

今回は投資と関係のない記事になります。乱文ですが、よろしければお付き合い下さい。私はとある上場製造業に勤めている兼業投資家です。 このたび直属の上司と一対一、しかもクローズドスペースで1時間以上の面談がありましたので、その顛末を記します。 <…

【リライト】なにが違ってなにが同じ? FIREとゆるリタイアの比較

最近市民権を得ようとしている、FIREという言葉。 「Financial Independence, Retire Early:経済的独立と早期退職」の頭文字を取ったもので、経済的に独立(≒生活維持に労働を必要としない)し、かつ定年よりも早く退職することを指します。一方で私が提唱…

【リライト】実はゆるくない、私の考える「ゆるリタイア」の紹介

私の考える「ゆるリタイア」の紹介です。 グーグル先生によると、まだこの言葉は一般的ではない様子でちょっと安心しています。ゆるリタイアは、「ゆるくリタイアを目指す」という意味ではありません。 「ゆるいリタイア(精神的リタイア)を目指す」、とい…

2020年代の働き方、4つのキーワードを当てはめるとこうなった。

働き方に関する雑記となります。 始まった2020年代、まちがいなく言えることは働き方が大きく変わるということ。 これまでの(日本の働き方の)常識が通用しない時代に突入しようとしていることは、紛れもなく事実だと思います。<目次> 自分自身に当てはめ…

経済的自由以外に、資産によって得られるもの

今回は雑記です。 作家の橘玲氏に、「お金から自由になる方法」についてインタビューした内容となります。 具体的な数字が出てきますが、それに引きずられることなく内容を読めばうなずくところが多い記事だと思いました。<目次> 「1億円」は人それぞれ 1…

私が「BullShitJobs(下らない仕事)」でも良いと思う理由。

今回は雑記になります。 「BullShitJobs(クソ下らない仕事)」、言葉は乱暴ですがこの世の中にはびこっている仕事の一部を指す言葉です。 私の行っている業務であっても、それは例外ではありません。<目次> その仕事は本当に必要なのか? ShitJobsとBullS…

足下冷静、将来楽観。

今回は雑記です。 クラウドファンディングのみならず投資の世界、もっと言えばありとあらゆる事について、色々な意見が飛び交います。 そんな中で私が大事にしているのは、タイトルにある「足下冷静、将来楽観」の考え方です。<目次> 冷静になるために:フ…

炎上しそうな記事だと思っていたら、すでに炎上していました。

今回は雑記です。 主義主張を問わず色々な情報や考え方に接するのは面白いものですが、やはり中には首をかしげるものもあります。 今回もその類の一つで、これは炎上しそうだなと思っていたらすでに炎上していた、という話題です。<目次> 色眼鏡の色を選ぶ…

2020年は「専業禁止」の始まりとなるかも。

2020年、新しい年が本格的に始動しました。 今年は東京オリンピックの年、大きなイベントがあればその前後に大きな動きがあるものです。 その一つとして、もしかしたら今年は「専業禁止」が始まる年になるかもしれない、という内容を紹介します。<目次> 先…

正しく、ずる賢く。「定年70歳化」に思うこと。

今年政府は、希望する人が70歳まで働けるような仕組みの骨格を作りました。 合わせて、公的年金の繰り下げ受給も75歳までの拡大が検討中。 この話題に関して、私の視座からの感想や予想を記事にします。style.nikkei.com<目次> 制度の変更 企業への影響と…

会社を大きくする理由、従業員に説明できますか?

今回は雑記になります。 以前にTwitterで呟いたのですが、「出世する気も会社に依存する気もない従業員に対して、会社を大きくしていく理由をきちんと説明し、納得させられる上司はどのくらいいるのか」という話。 これを少し膨らませてみました。出世する気…

誰もが「自分会社」に無限責任を持っています

旧ブログの記事をアレンジした雑記になります。 私はとある製造業に勤めている身で、その会社は私が入社した直後こそブラック企業と言われることもありましたが、会社が大きくなるにつれそれでは立ちゆかず、今はちょっと黒い斑点も残したおおむねホワイト、…

倒れゆく会社で働けますか?

高齢化社会が進むにつれて、幸福な最期をプロデュースする「看取り」という仕事も出てくるようになりました。 しかし、看取りというのは個人だけのものではありません。会社だっていずれは無くなります。 そもそも近年においては、「会社の主目的の一つは存…

お金を貯めるための、とても単純な事実。

今回は雑記になります。 お金を貯める方法、というのは検索でもすればいくらでもでてきます。それこそ、情報が多すぎてどれが適切なのか分からなくなってしまうほど。 しかしそれは結局、この言葉に集約されるのではないでしょうか。 米株中心の金融サイト「…

年の瀬に改めて、2000万円問題について考えてみました。

旧ブログの複数の記事を再編した内容になります。金融庁が2019年6月に公表した「高齢社会における資産形成・管理」という報告書があります。 先日から世を賑わせている、いわゆる「2000万円問題」の端緒となったものです。 この報告書を巡って議論は紛糾し炎…

上有政策、下有対策。苛政だと思うなら。

以前から話題にはなっていましたが、来年より所得税の課税方法が見直されます。 理由はなんであれ、サラリーマンの一部にとっては「増税」ですので主に否定的な反応が数多く見られますが、私の考えを紹介します。<目次> 年収850万円以上のサラリーマンには…

ナンバーワンもオンリーワンも難しいから

下記の記事の続編となります。www.sallowsl.com前回は組織の中にいるメリット、組織と自分の目的は異なるということ、したがって組織の中で「居心地の良い」場所を作ることが一つの解法だという内容を紹介。 そして組織を部分的にコントロールする方法として…

古典に学ぶ「自分の居場所をコントロールする」方法

旧ブログの内容をアレンジして再掲します。 会社組織の中で、居心地の良い場所を作るための方法を紹介します。 タイトル通り「古典に学ぶ」ということで、昔からある伝統的な手法を使うことになります。 (会社以外にも使えなくはないですが、ある程度論理的…

私は金鉱を掘りながら、ツルハシも売っていきます。

このブログはクラウドファンディングを中心とする投資ブログ。 お金を扱うことになるブログですので、他のジャンルより取り上げ方については気をつけるべきと思っています。 今回は私が心がけていることを紹介する雑記です。ツルハシだけを売ることはしない…





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.