ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

SAMURAIの新案件に見慣れた表現が。どんどん広まればいいと思います。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

クラウドファンディング事業者「SAMURAI」で現在募集中のファンドを眺めていたら、気付くところがありました。
他の事業者で使っている手法を取り入れたものです。

<目次>

 
 

新ファンドの内容

SAMURAIでは現在、新しいファンドを募集しています。

Jトラスト インドネシアファンド1号
 予定利率:4.9%
 運用期間:12ヶ月
 募集総額:1億5,000万円
 担保:無し

 f:id:sallowsl:20191209101547j:plain
 
12/12までの募集ですが、募集総額1億5,000万円に対して申込は4,000万円とあまり好調ではない様子。

このファンドは、東証2部上場企業であるJトラストがインドネシアで行っている金融事業が対象です。
営業者(SAMURAI ASSET FINANCE、SAF社)がJトラストに貸付を行い、投資家はSAF社に出資することになります。
そして担保・保証 ともに無し。このあたりが、出資申込が低調な理由でしょう。
 
 

見慣れた表現

そのファンドの説明を見ていくと、見慣れた図がありました。

 f:id:sallowsl:20191209101544p:plain

この下側、「スキーム上のポイント」の部分。

インドネシア事業での回収が滞っても、Jトラストが返済すれば元本は欠損しない」
「JトラストやSAF社のデフォルトがあれば、元本の欠損が生じる恐れがある」

この表現、どこかで見覚えがあると思われた方も多いと思います。
「Funds(広告リンク)」でのスキーム説明に良く使われている手法です。

担保・保証無しではあるのですが、実際にはSAF社→Jトラストという関係会社貸付の形を取りますので、JトラストはSAF社に対して返済義務を負います。
保証がないというのは、貸付スキームの中にJトラストが入っているのでJトラストが保証人になれないという意味だと解釈しています(例えば、貸付先がJトラストの関係会社であれば、Jトラストが連帯保証することは可能だと思います)。

ということで、個人的には案件に関する疑問はクリアになりました。
私も投資を検討したいと思います。

ちなみに案件の募集のテコ入れにしたいのか、最近この案件に関する動画も公開されました。
分かりやすい作りになっていますので、興味のある方は一度見てもいいと思います。
 

SAMURAI証券「Jトラスト インドネシアファンド1号」のご紹介
 
SAMURAI(広告リンク)
SAMURAI証券
 
 

キャンペーン情報

現在、SAMURAIでは新規会員登録でギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。

もらえるのはAmazonギフト券1,000円分で、条件は新規会員登録のみとなります。
投資は必要ないので、金銭的なリスクは発生しません。少しの作業でギフト券がもらえる、手軽なアルバイト作業と思ってもいいのではないでしょうか。

SAMURAIの口座開設方法については、下記の記事もご覧下さい。
また、広告リンクのご利用も検討いただければ幸いです。

fanblogs.jp
 
 SAMURAIでの投資は、こちらからどうぞ(広告リンク)
 SAMURAI証券
 
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.