ソーシャルレンディング投資記録(新)

クラウドファンディング投資家のSALLOWによる実践投資記録。ゆるリタイア志望。Twitter @SALLOW_SL

遅延・貸倒無しのFANTASは本日、8案件同時募集。一覧で比較してみます。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


更新情報はTwitterで配信しています。Twitter:SALLOW_SL




不動産投資型クラウドファンディング「FANTAS Funding」は、記事を書いた時点で50件を超える償還がある事業者です。
そして全ての案件において遅延・貸倒は無しと、順調に実績を積み上げています。
私も現状で250万円を投資しています。

そのFANTAS Fundingで今週末、次の案件が募集されます。
これまでも一月に1~2回まとめて案件が募集されていましたが、今回は(多分)FANTAS最大の8案件同時募集。
内容を紹介します。

<目次>

 
 

一覧リストと激戦区の予想

まずは今回募集される案件の一覧から。

f:id:sallowsl:20191209155615p:plain
 
この条件から激戦区を予想すると、まず赤文字の利率4.0%は確実に激戦区になると思われます。クラウドファンディング投資家の傾向として、高利回り案件には人気が出やすいからです。
特に、インカムかつ4.0%という第53号ファンドには資金が集中すると思われます。

このあたりは考え一つですが、ダメ元で激戦区に行くのならともかく、私なら別のところを狙います。
ぱっと見で最初に投資しようかなと考えたのは、第48号でした。

FANTAS Funding(広告リンク)
FANTAS funding
 
 

キャピタル型、インカム型の違い

FANTAS Fundingでは、案件はキャピタル型とインカム型とに分かれます。
これは、返済の原資がどこから来るかによって異なります。

キャピタル型:物件の売却による利益を返済原資とする
インカム型:運用期間中の賃貸事業収益を返済原資とする

この特徴のため、以下のような場合には元本が欠損する可能性があります。
(分かりやすさ重視のため、実際の説明を多少省略しています。詳細についてはFANTAS Funding公式サイト(広告リンク)を参照してください)

キャピタル型:物件売却時、想定していたよりも売却価格が下回った場合
インカム型:運用期間中、借主の退去などで賃貸事業収益が想定を下回った場合

 
 

元本欠損に対する対応策

これら元本が欠損する可能性に対して、FANTAS Fundingは以下のような措置を講じています。
FANTAS Fundingは不動産投資型クラウドファンディングのため、担保という考え方はありません。その代わりに投資家と同じ案件に対して、営業者であるFANTASが劣後出資をすることで投資家との利害を一致させています。

 f:id:sallowsl:20191209155611p:plain
 
通常、FANTAS Fundingの劣後出資割合は20%。
これは上記のような事情で元本が欠損する恐れがある場合、その割合が20%までなら被害はFANTASのみが負い、投資家は損害を負わないことを意味します。

現在の不動産市況で、3ヶ月~1年程度で20%の価値下落が起こる確率はそれほど高くなく、投資には一定の安全性があるものと考えています。
もちろんそうは言っても投資に絶対はありませんので、分散投資は必須であることは言うまでもありません。

FANTAS Fundingの会員登録方法については、下記の記事もご覧下さい。

fanblogs.jp
 
FANTAS Fundingへの投資はこちらからどうぞ(広告リンク)
FANTAS funding
 
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.