ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

インパクト投資は来年のキーワードになるか?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

社会インパクト投資専門のプラットフォーム事業者、ネクストシフトファンドの話題です。
ネクストシフトファンドが立てた壮大な目標と、その貸付対象であるマイクロファイナンス関連の情報を紹介します。
インパクト投資、SDGs、ESGなどは来年以降、個人投資家にとっても注目必須のキーワードになるかもしれません。

<目次>

 
 

社会インパクト投資

ネクストシフトファンドは貸付型クラウドファンディングソーシャルレンディング)の事業者ですが、その投資対象はその他の事業者と少し毛色が違います。
貸付を行うことにはちがいないのですが、貸付対象は各国のマイクロファイナンス機関。
貧困、医療、教育などの社会問題の解決を目的としながらもリターンを求める、インパクト投資に特化した事業者です。

インパクト投資はネクストシフトファンド以外にも、クラウドクレジット(広告リンク)の一部の案件が扱っています。
しかし、インパクト投資「特化」となるとネクストシフトファンドのみ。
クラウドファンディング投資の一環として、私も投資しています。
 
f:id:sallowsl:20191226145515j:plain
 
 

ネクストシフトファンドの目標

そのネクストシフトファンドは先日、投資の累計総額が1億円を突破したことを一つの区切りに、新しくミッション・ビジョン・バリューを定義しました。
そのビジョンは、「アジアNo.1のインパクト投資プラットフォーマーになる」というもの。

www.nextshift.jp

日本No.1ではなくアジアNo.1とは、なかなか壮大な目標です。
そのためには既存のファンドへ投資家を多く呼び込むことはもちろん、今後ファンドを拡充して投資家に数多くの選択肢を与えることが必要になるでしょう。
ネクストシフトファンドの場合、同一ファンドでも貸付先は小口分散されていますので、投資先の集中リスクは比較的少ないと思いますが)

個人的に有効だと思うのは、円ヘッジをかけた案件です。外貨投資はまだ、投資家の心理的ハードルが高いと思います。
 
ネクストシフトファンド(広告リンク)
社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】
 
 

私の投資状況

私のネクストシフトファンドへの投資は、以下の通り総額で80万円です。
投資を始めてまだ間もないこともあり、投資金額も少ないですし償還実績はありません。
来年以降、他の事業者からの資金を回して投資総額を増やしていくことを予定しています。ネクストシフトファンドは2万円から投資可能、少額で投資できるところが魅力の一つです。

f:id:sallowsl:20191226150936j:plain
 
 

マイクロファイナンスのニュース

今年後半、マイクロファイナンス貧困層を中心に小口の融資や貯蓄などの金融サービスを行う事業の総称)ではいくつかの注目すべきニュースがありました。
例えば、マザーズ上場のリサイクル事業者リネットが買収したマイクロファイナンス事業者「チャムロン」が、顧客保護原則の認証を受けています。

www.nextshift.jp

またSBIホールディングスも、カンボジアのLy Hour Microfinance社を買収したことを発表しています。

www.sbigroup.co.jp

日本の個人投資家にはまだインパクト投資、SDGs、ESGといった言葉が浸透しているとは言いがたい状況ですが、来年以降もしかするとキーワードになってくるかもしれません。
その流れがクラウドファンディングからも起こるなら、それはクラウドファンディング投資家として喜ばしいことだと考えています。
 
ネクストシフトファンドでの投資は、こちらからどうぞ(広告リンク)
社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】
 
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.