ソーシャルレンディング投資記録(新)

クラウドファンディング投資家のSALLOWによる実践投資記録。ゆるリタイア志望。Twitter @SALLOW_SL

松竹とも共同? Fundsが新たな提携先、そしてメッセージを公開



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    




貸付投資のFundsから、ニュースがありました。
新しい提携先との提携発表、そしてホームページリニューアルと、貸付先へのメッセージ公開です。
内容を紹介します。

<目次>

 
 

お相手は一部上場会社の子会社

まずは新しい提携先から。
Fundsはこれまで多くの業務提携を結び、そのうちのいくつかでは実際の案件組成がおこなわれました。
今回の提携先は、東証一部上場の「ムゲンエステート」の子会社「ムゲンファンディング」です。

f:id:sallowsl:20200115130606j:plain

Funds(広告リンク)
Funds
 
ムゲンエステートは不動産の買取再販・賃貸事業を主とする事業者です。

www.mugen-estate.co.jp

昨今の不動産業界の影響を受けて売上高は減少傾向ですが、現状でも営業利益は9%程度とそこそこの値を確保しています。
今後の事業拡大を視野に入れての提携、ということでしょうか。新ファンドの募集に期待したいと思います。
 

 

「ファンマーケ」というメッセージ

もう一つの話題は、Fundsにおける新しいメッセージ。
最近のことですが、Fundsのトップページがリニューアルしていました。

f:id:sallowsl:20200115130609j:plain

Funds(広告リンク)
Funds
 
このリニューアルで目に付いたのが、「ファンマーケ」なる言葉。投資家に向けてではなく、貸付先となる企業に向けてのメッセージでした。
「ただの資金調達じゃない、ファンを作る資金調達を始めよう」という言葉で表現されています。

f:id:sallowsl:20200115130603j:plain

これは以前に募集のあった「底地くんファンド」や「大阪王将ファンド」を指しているのだと思います。
投資家に貸付機会を提供することにより企業の認知度を高め、ファン(潜在顧客)になってもらう、という考えでしょう。
 
 

配当ではなく、広告料

響くかどうか分からない不特定多数に訴えるために多額の広告料を払うくらいなら、確実にリーチする投資家から借入を受け入れることで話題にしてもらい、またファンになってもらう。
つまり投資家へ払うお金は配当という性質と、広告料という性質を併せ持つということだと思います。

借入の利息ではなく広告料であれば、支払いが滞った場合に何が起こるかは明確です。
そのためFundsの案件は、貸付でありながら貸付先と投資家の利害が一致していることから、安全性が高いと推定しているわけです。

Fundsへの会員登録については、下記の記事もご覧下さい。

fanblogs.jp


Funds(広告リンク)
Funds
 
 

松竹とも共同キャンペーン

そして、つい先ほど飛んできた興味深いニュースがこれ。
映画、演劇の大手「松竹株式会社」とFundsが共同キャンペーンを実施します。
2020年1月、京都・南座で行われる「イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~」に無料で招待するキャンペーンとなります。

funds.jp

通常なら3,300~7,700円するチケットが無料ということで、かなりの太っ腹。
将来的にFundsを活用した、松竹のファン獲得施策の開発を見据えているとのことで、今後の展開が楽しみです。
 
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.