ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

クラウドクレジット、今回はこの2ファンドに投資しました。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

クラウドクレジットへの投資記録です。

今月大きめの償還が行われ、少し預り金口座にお金が貯まっている状況でした。
その資金で2つのファンドに再投資を行いましたので、内容を紹介します。


<目次>

 
 

償還ファンドと投資ファンド

今回償還されたのは、「為替ヘッジ有り・東欧金融事業者支援ファンド109号」と、「ユーロ建て・東欧金融事業者支援ファンド80号」の二つ。

合計の償還額は¥593,529で、うち¥23,529が利益です。


 クラウドクレジット


この償還された資金と、預り金口座に残っていた資金を合わせて、以下の2ファンドに投資を行いました。

・【円建て】東欧金融事業者支援ファンド43号 → 56万円
・【円建て】米国セキュリティベンチャー事業者ファンド1号 → 10万円


 クラウドクレジット


【クラウドクレジット 公式サイト】

(広告リンク)
 
 

【円建て】東欧金融事業者支援ファンド43号

【円建て】東欧金融事業者支援ファンド43号は、これまでも数多く募集され、償還された実績のあるファンドです。
私の知る限り、ファンドの開始以来貸し倒れは起きていません。


 クラウドクレジット


投資家の資金はクラウドクレジットのエストニアグループ会社を介して、資金需要者であるCream Finance Holding社に貸し付けられます。

Cream Finance社の事業はポーランドラトビアチェコデンマークジョージア、スペイン、メキシコなどに展開されており、これらの国の個人向け短期ローンが最終の資金需要となります。


個別の個人向けローンファンドでは延滞や貸し倒れは一定の割合で起きるでしょうが、Cream Finance社が貸付金を返済できる限り投資家への損害はありません。これまでの実績から考えて、安定性の高い案件だと判断して投資を行いました。



クラウドクレジット(広告リンク)
 
 

【円建て】米国セキュリティベンチャー事業者ファンド1号

もう一つ投資したのは、初めて募集されるファンド。
「【円建て】米国セキュリティベンチャー事業者ファンド1号」です。


 クラウドクレジット


貸付先はヴァージン諸島に籍を置くCPD社ですが、実質的な信用補完先はCAPTIS社。
犯罪の防止及び検挙のために、独自に構築した犯罪者の顔写真データベースをセキュリティ企業などに納入するベンチャー企業です。


 CAPTIS

 公式サイト → https://www.captisintelligence.com/


米国では、犯罪者の顔写真はオープンデータベースされていますが有効に利用されているとは言いがたく、ここに目を付けたのがCAPTIS社とのことです。

CAMPTIS社のビジネスモデルは、参照可能なデータベースを構築してその使用料を徴収するというもの。
売店などはデータベースと防犯カメラを組み合わせることで、犯罪の抑止や検挙に役立てようというものです。


資金はCAPTIS社のビジネス事業展開資金。
事業計画がきちんと実現していくかどうかは微妙なところですが、今回は少額での投資を行うことにしました。




クラウドクレジット(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.