ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【10月末までキャンペーン!】新事業者「ONIGIRI Funding」始動!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

不動産投資型のクラウドファンディングに、またまた新しい事業者が登場します。

今回は「ONIGIRI(オニギリ) Funding」という、なんとも日本らしい名前。
10月末までの会員登録で、Amazonギフト券がもらえるキャンペーンもありますので、興味のある方はどうぞ。


<目次>

 
 

運営会社の概要


 ONIGIRI Funding


ONIGIRI Fundingは、横浜市に拠点のある「きらめき不動産」により運営される、不動産投資型クラウドファンディングです。

きらめき不動産は2008年創業。
社長の後藤聡志氏は、全米認定不動産投資顧問協会認定の高度教育プログラム「CCIM資格」を持ち、さらにCPM(全米公認不動産経営管理士)も取得しているやり手のようです。


【ONIGIRI Funding 公式サイト】(広告リンク)


www.kilameki.co.jp

www.ceo-vnetj.com


きらめき不動産、後藤氏の名前で検索しましたが、特にネガティブな情報はありませんでした。

会社が非上場、さらに社長と親族と思われる他1名で全ての株を持っているあたりが、少し気がかりと言えば気がかりでしょうか。
(出典:https://www.mlit.go.jp/common/001293599.pdf
 
 

ONIGIRI Fundingの概要


 ONIGIRI Funding


ONIGIRI Fundingは、「高利率」で、「30%という高い劣後出資比率(投資家の元本保全が強い)」を特徴とする事業者です。

後で紹介しますが、記念すべき第1回案件は利率8.0%、運用期間6ヶ月と破格の条件。
募集総額も1,000万円しかないので、募集が殺到するのは目に見えています。


一部の不動産投資型クラウドファンディング事業者においては、クラウドファンディング潜在的な顧客(つまり、不動産を購入してくれる大家さん)発掘の手段として利用しているところもあります。

もちろん経営戦略としては正しいのですが、さて、ONIGIRI Fundingはどうでしょうか。

第1号案件は先着ですが、その後の動きでなんとなく分かってくると思います。
 
 

初回案件とキャンペーン情報


ONIGIRI Fundingの初回案件は、オープニングセールにふさわしい太っ腹な案件になっています。


・グランツ・シュロス

 募集期間:10/1~10/31
 予定利率:8.0%
 運用期間:6ヶ月
 募集総額:1,000万円(劣後出資比率:公称30%)

 ONIGIRI Funding


神奈川県藤沢市の、おそらく区分所有マンションが対象となる案件です。
ステータスは募集中になっており、実際に募集期間は始まっていますが、まだ資金は集まっていないようです。


ONIGIRI Fundingでは、10月末までの会員登録をすることで、Amazonギフト券が500円もらえるキャンペーンを実施中です。

今後募集される案件の条件がどうなるかは分かりませんが、選択肢は広く取るに越したことはありません。
興味のある方は、下記リンクから会員登録を検討ください。私もさっそくやってみます。


10月末までの会員登録で、Amazonギフト券500円プレゼント!
ONIGIRI Funding
ONIGIRI Funding(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.