ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

あと少し! 「CRE物流ファンド8号杉戸」募集中です!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

融資型クラウドファンディング「CRE Funding」の話題です。

現在、CRE Fundingでは8号案件の募集中。
サービス始まって以来の最高額で募集をしていましたが、あとひと息というところまで来ています。


<目次>

 
 

「CRE物流ファンド8号杉戸」案件の概略


今8号杉戸の案件は、募集総額が2.3億円。
これは、これまでのCRE Fundingの募集(数千万円台)より1桁多く、サービス開始以来最大級の案件となります。


・CRE物流ファンド8号杉戸(募集中)

 予定利率:2.8%
 運用期間:8ヶ月
 募集総額:2.3億円
 担保:工場の信託受益権に対する第一順位の根質権
  及び、上場会社シーアールイーによる保証

 CRE Funding


【CRE Funding 公式サイト】(広告リンク)


 CRE Funding


上記の通り、2.3億円の案件はこの記事を書いている時点で87%まで埋まっています。
もうひと息、といったところでしょうか。
 
 

担保のLTVは高め


 CRE Funding


「CRE物流ファンド8号杉戸」の投資対象は、前回募集の7号と同じく、埼玉県杉戸町に立地する築12年の3階建ての工場です。

「株式会社九段都市鑑定」が行った物件の鑑定評価額は3.96億円。
直接還元法による収益価格は4.01億円、DCF(割引キャッシュフロー法)による収益価格は3.9億円で、この中間値を取ったものと思われます。


これに対して貸し付ける額は、7号・8号の総計で3.15億円。
評価額が低いDCF法の価額で計算した場合、LTVは約81%となり、物件の所在を考えると少しLTVは高いかな? と判断します。
 
 

でも、問題のない理由


しかしCRE Fundingの場合、担保のLTVは実はそれほど関係ありません。
極論を言えばこの案件、担保があろうがなかろうが安全性はそれほど変わらないのでは? とさえ思います。

その理由は、賃料の払われる構造と保証にあります。


 CRE Funding


工場にはテナントが入っており、このテナントからの賃料がCREに支払われます。
ファンドとCREの間は、賃料保証型のマスターリース契約になっていますので、万が一テナントの撤退が起きてもCREからの賃借料は支払われ続けます。


また、そもそもCREの保証が付いていますので、実質的にはCREが破綻しなければ投資家の元本は守られる、ある意味で社債のような性質を持つローンです。

CREの財務状況はこちらに掲載されていますが、一部上場会社で直近の売上高が約412億円(前年比+721%)、純利益26億円(同+275%)という会社がそうそう潰れるとも思えません。


 CRE Funding
 
 

今からの会員登録でも、間に合うかも?


以上の理由から私は、利回りは控えめながら、安定性の点ではこのファンドは高く評価しています。

そのため、以前募集された7号に約100万円を投資済みです。


 CRE Funding


申込期限は10/30までですので、もしかしたら今から会員登録しても間に合うかも? という状況です。
今後もファンド募集予定はもちろんありますので、興味のある方はまず会員登録をしてみてはどうでしょうか。


www.sallowsl.com


上場会社の保証が魅力の、物流物件への投資!
CRE Funding
CRE Funding(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.