ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【朗報】ECFで初の上場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

株式投資クラウドファンディングで、朗報です。

ついに、待ち望んだ結果の第1号が出ました!
と言っても私は投資していないのですが、それでも喜ばしいですし、何はともあれめでたいことです。


<目次>

 
 

琉球アスティーダスポーツクラブ


株式投資クラウドファンディング(Equity CrowdFunding、ECF)は、個人がスタートアップやベンチャー企業に投資できる投資商品です。

ECF事業者の「FUNDINNO(ファンディーノ)」で資金調達をした企業が、今回日本初の株式上場を果たしました。


 FUNDINNO アスティーダ


【FUNDINNO 公式サイト】(広告リンク)


今回に上場したのは、琉球アスティーダスポーツクラブ。2017年に誕生した、卓球のプロリーグ「Tリーグ」に所属するチームです。


 FUNDINNO アスティーダ


ryukyuasteeda.jp

 
 

東京プロマーケットに上場承認!


東京証券取引所は3/12、琉球アスティーダSCの東京プロマーケット(TPM)への上場を承認。実際の上場日付は3/30となります。

ただし東京プロマーケットはプロ投資家に参加を限っている市場で、一般の投資家は取引ができません。


www.jpx.co.jp


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)


また、FUNDINNOを通じて琉球アスティーダSCに投資した投資家には、株式のロックアップ条項が付いています。

これは株式公開後の一定期間、市場で持株を売却できないように制限する契約条項のことです。


 FUNDINNO アスティーダ


プロ専用の特殊な市場、ロックアップ条項付きなど、一般のIPO(新規公開株)とは少し様相が違いますが、それでもECFの出口である「上場」を達成した企業が現れたことは、素直にめでたいです。

これはECFにとって間違いなくプラス材料。今後ECFがさらに発展していくことを祈念します!
 
 

ECFを巡る動き(規制緩和


日本のECFに関連する制度にも動きがあります。

金融庁の市場制度ワーキンググループで、以下のような規制緩和案が提案されているとのことでした。
(③はECFとの関係が薄いですが、合わせて紹介します)

①私募債とECFを合わせた1億円の総額規制 → ECFのみで1億円の総額規制に?
 
②1案件への投資上限50万円 → 投資上限引き上げ?
 
③私募債の上限人数50人の通算期間6ヶ月 → 90日に短縮?


市場制度WGの資料は、下記のリンクからどうぞ。


成長資金の供給のあり方に関する検討


特に①については、ある程度の規模になった会社が私募債で数億円~数十億円を調達したため、ECFで調達ができないという問題を引き起こします。

これはECFが実質的にアーリーステージ以外の会社へ投資できないことになり、投資する選択肢の妨げになっているため、規制が緩和されることを願います。


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)
 
 

ECFを巡る動き(セカンダリー市場)


ECF投資のデメリットとしては、未公開株式を購入するため流動性が極めて低いということで、これが投資する上でのネックになっていると感じる人も多いと思います。

これを解消するのはセカンダリー市場、つまりECFで購入した未公開株を、投資家同士で売り買いできる市場の創設です。


すでにFUNDINNOはセカンダリー市場を開くという表明をしており、もしもある程度の規模のセカンダリー市場が作られれば、流動性が増すことで投資商品の魅力が増すことが予想されます。

その時を見越して、もう少しECFへ資金を投入してもいいかな、と検討しています。
 

イークラウド
イークラウド(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.