ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【前編】ROBO PRO(ロボプロ)の手数料が高いという誤解



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

フォリオ社のロボットアドバイザー、「ROBO PRO(ロボプロ)」の話題です。

ロボットアドバイザーで良く言われる「手数料が高い」という問題について、掘り下げて調べてみました。

この記事は【前編】です。後編はこちら。


www.sallowsl.com


<目次>

 
 

ROBO PROの手数料


ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO】(広告リンク)


ROBO PROの手数料は、税引後で年率1.1%。

これを日割りして、毎月の合計額から差し引く形で運用されています。いくら払ったかは履歴で確認することができ、私の最新では¥2,276でした。


ROBO PRO ロボプロ


このROBO PRO(ロボプロ)の手数料は、例えばインデックスファンドやETFなどと比べると高く、ロボットアドバイザーに対する否定的意見の論拠として挙げられることが良くあります。


その論理自体はまちがいありません。しかし重要なのは手数料の絶対値ではなく、その手数料が割高かどうか、そしてリターンはどうかということだと思います。


(関連記事)
www.sallowsl.com
 
 

ROBO PROの手数料は割高か?


多くのロボットアドバイザーとROBO PRO(ロボプロ)の最大の相違点は、ROBO PROはAIがマーケットデータを読み、基本的に毎月、大きな変化が起きた時は随時、ポートフォリオを入れ替えるという点です。


実際にロボプロはこれまで大幅にポートフォリオを入れ替えており、2020年1月のサービス開始から1年間では、以下のようなポートフォリオの変更が起きています。

(濃い緑が株式、グレーが債券、水色が不動産、黄色が金)


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


そして、このポートフォリオ変更のために必要な手数料は下記の通り。


ROBO PRO ロボプロ


11回のリバランス平均で0.17%、つまり年間に戻して考えると0.17×12=2.04%となり、ROBO PROの手数料1.1%を超えています。

リバランスの費用が手数料を超えたからと言って、超過分の手数料が請求されるわけではありません。


つまりROBO PROの手数料は、同じ事を手動でやるよりも割安だということになります。
 
 

もしリバランスしなければ?


次の疑問は、「リバランスの手数料が割安なのは分かったが、そもそもリバランスしなければよかったのでは?」というものです。


これについても、バックデータにより否定されています。


ROBO PRO ロボプロ


リバランスをもししなかった場合、2020年1月~2021年1月におけるリターンは+13.99%→5.82%と、8.18%悪化します。

リバランスによる手数料は年率2.04%なので、どちらが有利かは言うまでもありません。

*実際に投資家が支払う手数料は、年率2.04%ではなく1.1%です。


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 

他のロボアドやインデックス指標との比較


ここまでの調査結果から、


・ROBO PROの手数料は割高ではない(むしろ割安)

・ROBO PROのリバランスはこれまで効果を上げ、リターンを生んでいる


ことが分かりました。少なくともROBO PROについて言えば、一般的にロボットアドバイザーについて言われている「手数料が高い」という主張は、誤りと言えるでしょう。


残る問題は、ROBO PROが他のロボットアドバイザーや各種指標と比べてどうかということ。

これについては、後編で検証してみます。


www.sallowsl.com


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.