ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【WARASHIBE】運営会社の社名変更、さらなるニュースも!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

不動産投資型クラウドファンディングの「WARASHIBE」で、動きがありました。

運営会社である株式会社SATASの社名変更、そしてさらなるニュースです。8月は面白くなりそうです。


<目次>

 
 

株式会社SATAS → LAETOLI株式会社


WARASHIBE ワラシベ


WARASHIBE(ワラシベ)を運営する株式会社SATASは、LAETOLI(ラエトリ)株式会社に社名を変更しました。

 

株式会社SATASはLAETOLI株式会社へ生まれ変わります。
 
「LAETOLI」は人類最古の足跡が残るラエトリ遺跡が由来で、前人未到のチャレンジで歴史に新たな1ページを作ることを私たちは目指します。
 
総ファンド数24、累計調達額16億円を突破した不動産クラウドファンディングサービス「WARASHIBE」を軸として、「テクノロジーで、不動産価値と不動産業界の価値観を変革する」をMISSIONに、次の世代の暮らしを豊かにする、あたらしい歴史を作って参ります。
 
(LAETOLI 公式サイトより引用)

 

ちなみにLAETOLI社のトップページにあった上記の絵画、もちろんラエトリ遺跡の足跡をイメージしたもので、代表取締役の武藤氏による作だとのことです。


 
 

8月は期待できそうです


WARASHIBE ワラシベ


WARASHIBEは次回案件として、六本木の事業用地案件(年利20%・3ヶ月)を予定していますが、この募集は9/1にリスケされることになりました。

理由としては、アンケートなどで集めた「希望投資金額」が3億円を大きく上回ることが確定的であり、ファンドの増枠をすることになった調整のため、とのことです。


(関連記事)
www.sallowsl.com


WARASHIBE
WARASHIBE(広告リンク)


これ以外にも、まだ公開できる情報ではないのですが、WARASHIBEは8月中に複数のニュースを用意しているとのことです。


気になる方は、今のうちに会員登録を検討下さい。8月末まで先着500名に、新規会員登録で2,000円分のAmazonギフト券がもれなくプレゼントされるキャンペーンが開催中です。


(会員登録方法)
www.sallowsl.com
 
 

気になっていた質問をしてみました


先日のことですが、機会があってWARASHIBEのメディア向けのカンファレンスに参加しました。

その席で、以前のインタビューでWARASHIBEの仕組みについて質問した時、聞き逃したことを質問してみました。


(以前のインタビュー・後編)
www.sallowsl.com


WARASHIBEでは、キャピタルゲインを一定の分配方針に基づき、上限無しに配当する方針を掲げています。

それは投資家とフラットな関係を築きたいからという理由ですが、では優先劣後方式ではなく、事業者と投資家が公平に損得を共有するセイムボート方式の方が相応しいのではないか? というのが、質問の趣旨です。


対する回答は、「その通りだが、現状では時期尚早」というもの。

つまり現状では、優先劣後により投資家を守りつつも、アップサイドは投資家へ配分するという仕組みが、投資文化の醸成のためには必要だと判断された、とのことです。


この仕組みは投資家にとっては有利ですが、同時に開店セール的な側面があります。

WARASHIBE側にとっても、新規顧客を得てビジネスを拡大させるための施策。お互いがWin-Winとなる施策であるなら、私は積極的に参加し、投資していきたいと思います。


 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.