ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【2021年9月】ROBO PROのポートフォリオ変更&買収の話題



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

AI搭載のロボットアドバイザー、「ROBO PRO(ロボプロ)」の話題です。

2021年9月の月例ポートフォリオ変更と、ROBO PROの運用会社の買収の話題について。


<目次>

 
 

9月のポートフォリオ変更


ROBO PROのポートフォリオは、原則として1ヶ月に一度変更となります。

(相場が大きく動いた場合は随時変更)


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


2021年9月時点のポートフォリオは上記の通り、見覚えのない資産が登場しています。

これまでの資産クラスの推移を6ヶ月分示したのが下記の表。

実際にはこの前、記録を取り始めた2020年10月から、不動産アセットは一度も顔を見せていません(サービス開始の初期の頃はあったと記憶していますが)。


ROBO PRO ロボプロ


見たところ、先月まで株とハイイールド債に振り向けていた資産の約半分を、不動産へ投入したことになります。

素直に考えれば、AIは米国REITの値上がりを予測しているということですが、さてどうなるでしょうか?
 
 

投資状況と手数料の話


ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO】(広告リンク)


ROBO PROでの私の投資状況です。

投資元本は260万円、確定+含み損益は約35万円(ROBO PROはリバランス時に一部の損益が確定するので、上の画面の「含み損益」以外に確定損益が存在します)。


ところでロボットアドバイザーというと、一般的には「手数料が高い」という印象が付いて回りますが、少なくともロボプロについてはこの考えは誤りです。


ROBO PROの手数料は年間1.1%ですが、リバランスを手動で行った場合の手数料は年間約2%になり、さらにこのリバランスのためにROBO PROは他のロボアドより優秀なリターンとなっているからです。

詳細は、下記の記事で説明しています。


(前編)
www.sallowsl.com

(後編)
www.sallowsl.com
 
 

SBI、フォリオ社を買収


ROBO PROを運営するフォリオ社は先日、SBIファイナンシャルサービシーズへの第三者割当増資、及び既存株主からの株式譲渡を行うことで、SBIグループの連結子会社になることを発表しました。


prtimes.jp


元々フォリオ社の決算は赤字だったことから、どこかの資本注入は早晩必要になると思っていましたが、SBIグループというのは少し驚きです。

SBIグループとしては、顧客を買っているという側面もあるでしょうか。


フォリオ社はBtoBとして、ラップ運用等の一任運用基盤システム「4RAP」を展開していて、SBIはこれを用いて少額から購入可能なファンドラップ「仮称・SBIラップ仮称」を提供する予定とのことです。


とりあえずロボプロのサービスはそのまま残るようで、さらに財務状況の問題が解決に向かうなら、ロボプロ投資家としては朗報だと思います。


実は手数料は「割安」なロボットアドバイザー、それがROBO PRO!
FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.