ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

実績・信頼性はピカイチの「ダイワファンドラップオンライン」紹介



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

証券会社大手の「大和証券」が、ロボットアドバイザーに参入しています。

サービスの名前は「ダイワファンドラップオンライン」。特長や同種サービスとの違いについて紹介します。


<目次>

 
 

「ダイワファンドラップオンライン」


 ダイワファンドラップ オンライン


最大手証券会社の一つ、大和証券から「ダイワファンドラップオンライン」が登場しています。

ファンドラップという名前は付いていますが、中身はロボットアドバイザーです。


【ダイワファンドラップONLINE】(広告リンク)


対面販売の証券会社と言うと、最低投資金額が高いイメージがあるのですが、ダイワファンドラップオンラインの最低投資金額はなんと1万円。

これも世の中の流れなのでしょうが、大和証券で1万円からの自動分散投資ができるというのは、時代が変わったものだとしみじみ思ってしまいます。
 
 

ダイワファンドラップオンライン 最大の強み


ダイワファンドラップオンラインの最大の強みは、何と言ってもバックが大和証券であること。


最近大きく成長を遂げている証券会社はSBIやマネックス楽天などのオンライン証券会社が中心ですが、大和証券の預かり資産はそれら3社を足したよりも多く、約80兆円と日本第2位(*)です。

(*出典:https://moneytimes.jp/archives/1934


 ダイワファンドラップ オンライン



大和証券での投資一任契約に基づくラップ口座の預り金額は2.4兆円と、日本最大のロボットアドバイザーであるウェルスナビの預かり総額の5倍弱。


これだけの資金規模と、100年を超える歴史の信頼が、ダイワファンドラップオンライン最大の特長であり強みだと思います。
 
 

ゴールベースの資産管理


  ダイワファンドラップ オンライン


【ダイワファンドラップONLINE】(広告リンク)


ダイワファンドラップオンラインでは、アメリカなどの金融先進国で主流となりつつある「ゴールベース資産管理手法」に基づき、資産運用のプロセスを自動化していることも特長です。


ゴールベース資産管理手法は、やみくもに資産の拡大を狙って投資を行うのではなく、ライフプランのゴール実現に向けて投資家と証券会社が手を取り合う形で行う資産運用のことで、米国の富裕層の中で広く取り入れられているとのこと。


これまでのロボットアドバイザーにはなかった、「資産運用の目標地点はどこか?」という視点が取り入れられています。
 
 

主要ロボアドとの比較


ダイワファンドラップオンラインを、他の主要なロボットアドバイザーと比較してみた結果が以下の表です。

赤字部分は、個人的見解で相対的に有利あるいは特長と思われる点です。


ダイワファンドラップ オンライン


投資対象がETFではなく株式・債券・REITで一部ヘッジ有りという部分は、これまでのロボアドにはなかった特色です。

また、窓口サポートやライフプランが充実しているのはさすが大手証券といった特長で、ロボットアドバイザー投資を通じて大和証券の知見をライフプランに生かしたい、という層にマッチするサービスになっていると思います。



一方で手数料は他ロボットアドバイザーと同等程度で、手数料軽減措置がないとことはデメリット。この点は今後の改善に期待したいと思います。
 
 

シミュレーション結果


私の個人属性でシミュレーションを行ってみました。

リスクレベルは7段階あるようで、診断の結果私のリスクレベルは中央値の「4」。


日本株、外国株、日本債券、外国債券とREIT分散投資しており、円建て及び為替ヘッジのある資金の割合は6割くらいになっているようです。


 ダイワファンドラップ オンライン


積立を無しと設定しても、30年の長期運用で元本が3倍弱になる可能性は70%という結果でになりました。

日本第二位の証券会社で行う、1万円からのロボットアドバイザーサービス。これまでのサービスからの乗り換えも含め、色々と検討したいと思います。


 ダイワファンドラップ オンライン


 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.