ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【初回案件は劣後50%以上】Globalbank Funding登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 



企業を応援できる「事業投資型」クラウドファンディングです!(広告リンク)


不動産投資型クラウドファンディングの、新しい事業者の話題です。

今回紹介するのは、「Globalbank Funding(グローバルバンクファンディング)」です。


<目次>

 
 

公式サイトと運営会社


グローバルバンクファンディング GlobalBankFunding


【グローバルバンクファンディング 公式サイト】


「Globalbank Funding(グローバルバンクファンディング)」は、株式会社グローバルバンクが運営する不動産投資型クラウドファンディングのサービスです。

専用サイトは9/28に公開されました。


グローバルバンク社は2020年6月、デューク株式会社から名前を変更。

不動産の売買や賃貸仲介、不動産の管理、そして不動産共同事業を行っている会社です。


globalbank.co.jp
 
 

第1号案件の概略


Globalbank Funding(グローバルバンクファンディング)では、サイト公開と同時に第1号案件が公開されています。


・第1号ファンド[目黒タワーマンション・区分]

 募集開始:10/12 10:00~(先着式)
 予定年利:4%
 運用期間:3ヶ月
 保全など:優先劣後方式 劣後比率約55%(後述)


 グローバルバンクファンディング GlobalBankFunding


【グローバルバンクファンディング 公式サイト】


第1号案件は10/12に募集開始。目黒区のタワーマンション「クロスエアタワー」の区分所有です。


投資額は一口100,000円。本来であれば年利1.5%のところ、初回キャンペーンで年利4%となっています。

運用期間が3ヶ月と短いことから、まずはオープニングのお試し物件と言ったところかもしれません。
 
 

劣後比率、価格の妥当性


グローバルバンクファンディング GlobalBankFunding


今回の1号案件で目に付くのは、優先劣後方式の劣後比率が約55%(9,000万円中、5,000万円が事業者の劣後出資)であることです。

3ヶ月以内に目黒区のタワーマンションの価値が半減以下になるというのは、きわめて低い可能性を除いては考えにくく、かなり安全な案件だと推測されます。


対象不動産の「クロスエアタワー」の区分所有は、ファンド情報によると67.13m2(壁芯)。

同程度の部屋の価格情報はありませんでしたが、広さが約半分の部屋(36.72m2)の価格が5,980万円であることを考えると、出資総額の9,000万円というのも無理のない数字だと思います。


www.livable.co.jp


【グローバルバンクファンディング 公式サイト】

 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.