ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【利回り7%】日本家屋・山林 再活用ファンドの紹介



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 



企業を応援できる「事業投資型」クラウドファンディングです!(広告リンク)


再生・再活用型の不動産投資型クラウドファンディング、「BATSUNAGU(バツナグ)」のファンド紹介です。

事業者の紹介は、下記の記事をどうぞ。


(関連記事)
www.sallowsl.com


<目次>

 
 

千葉の日本家屋 再活用ファンド


BATSUNAGU(バツナグ)から募集されるのは、千葉にある日本家屋と山林の再活用ファンドです。


千葉市 竹林のある日本家屋・山林 再活用ファンド

 募集開始:1/17 9:00~
 予定年利:7%(期中分配は6ヶ月ごと)
 運用期間:12ヶ月
 募集金額:1,600万円
 保全など:優先劣後方式 劣後比率20%


 BATSUNAGU バツナグ


【BATSUNAGU 公式サイト】(広告リンク)


BATSUNAGUにおけるこれまでのファンドは、「北海道当麻町 古民家再生」「斑尾高原 ペンション再生」と、不動産の再生・再活用に特化されており、今回のファンドも日本家屋・山林の再生ファンドです。


次に、中身を見ていきます。
 
 

ファンドの目的


 BATSUNAGU バツナグ


今回のファンドは、千葉市にある日本家屋や山林が対象。これらの不動産を中心に、様座との集落を再活用していくのが目的です。

具体的には、以下のようなビジネスを検討中とのこと。


・日本家屋を中心にした施設運営

・本施設全体を拠点としたリアルな体験教育の提供


BATSUNAGU
BATSUNAGU(広告リンク)


例として、ファンドページには下記のような農村カフェ、寺子屋、農作物販売、レンタル農地などのビジネスが紹介されていました。


 BATSUNAGU バツナグ

 BATSUNAGU バツナグ


安全性についての所感


再生・再活用ファンドと聞くと、気になるのはファンドの安全性です。

すでに住民のいるレジデンス案件に比べ、開発案件や再生案件はリスク(=リターンの振れ幅)が大きくて当然だからです。


今回のファンドもリスクはありますが、借主の「LCフィールドパートナーズ」がBATSUNAGUの運営会社リムズキャピタルの関係会社であり、2年間普通賃貸借契約・賃料固定契約があることから、事業者と投資家の利害一致は図られていると考えています。


www.lc-field.co.jp


劣後割合も20%と標準的であり、高利回りとこれらの状況をどのように天秤にかけるかが、各投資家にとって判断の分かれるところになりそうです。

個人的には農村カフェの割引など、再活用ビジネスイベントへの特典があれば、さらに人気が高まると思います。


(会員登録方法)
www.sallowsl.com



BATSUNAGU
BATSUNAGU(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.