ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

米国株の下落回避は偶然か、それとも必然か?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中! バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円プレゼント!(広告リンク)


AIを搭載したロボットアドバイザー、「ROBO PRO(ロボプロ)」の話題です。

今回は、2022年の初っぱなからいきなり暴落した相場を、ロボプロがどう回避したのかについて紹介します。


<目次>

 
 

ロボプロの特徴


*このチャプターは、ROBO PRO(ロボプロ)の初心者向け説明です。すでにご存じの方は飛ばして下さい


ROBO PRO(ロボプロ)は、FOLIO社が運営するロボットアドバイザーで、入金することにより自動的に分散投資まで行うサービスです。


 ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


他のロボットアドバイザーとROBO PROの大きな違いは、ROBO PROが「AIを搭載し、ポートフォリオを動的に変化させる」という点にあります。


通常のロボットアドバイザーが行っているのは、上記の水色の部分のみ。

ROBO PROは膨大なマーケットデータを読み込み、機械学習とリターン予測を行って、定期的(通常は1ヶ月ごと)にポートフォリオを動的に変化させるロボットアドバイザーです。
 
 

2022年1月下旬の下落


2022年1月、米国株は大きく値を下げました。


理由は地政学上のリスクや新型コロナのオミクロン株、あるいは利上げ観測など複数要因でしょうが、結果としてVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)は、1ヶ月前の値より-8.5%程度になっています。


 (ここ1ヶ月のVTI推移。Bloombergより引用)
 ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO 公式サイト】(広告リンク)


一方でこの間、AIによってポートフォリオを動的に変化させるROBO PROは、ほぼ値を下げていません(入金分を補正すると0.7%程度の下落)。


 (ROBO PRO 1ヶ月の推移。期間内の入金は10万円)
 ROBO PRO ロボプロ


この差がどこから来ているのか、次で説明します。
 
 

下落回避の理由


ROBO PRO(ロボプロ)が米国株の下落を回避できたのは、ROBO PROのポートフォリオゆえです。


ロボプロでは2021年12月の時点で、ポートフォリオから米国株が姿を消しており、現在もその状況は継続中。

この記事を書いている現在、ロボプロのポートフォリオの約半分を占める株は、全て新興国株です。


12月の時点でROBO PROは米国株を全て売却し、1月の米国株の下落を回避したことになります。


 ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


(参考記事)
www.sallowsl.com
 
 

まとめ:ここ1ヶ月の値動き


下記、Bloombergから引用したここ1ヶ月の値動きです。


 ROBO PRO ロボプロ


米国株(青:VTI)に比べ、現在ロボプロのポートフォリオを占める新興国株(オレンジ:VWO)、米国債券(赤:BND)、ゴールド(緑:GLD)は下げていません。

今回の2022年1月の下落をAIがどのようにして予測したかは分かりませんが、結果論としてAIの判断は正解だった、ということになると思います。


もちろん長期的目線から見たら、今回の米国株の下げは一時的なものであり、経済成長は今後も続いていく可能性が高いでしょう。


しかし、目線を一つに執着する必要はありません。


下記記事のようにS&P500よりもリターン/リスクバランスに優れ、今回の急落を結果的に予測したAIによる投資もまた有力な方法だと考え、私は一部資金を投入しています。


(関連記事)
www.sallowsl.com


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.