ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ROBO PRO:1月末、ポートフォリオ変更。米国株はどうなった?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中!
バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円+Vプリカ1,000円プレゼント!
(広告リンク)


AIを搭載したロボットアドバイザー、「ROBO PRO(ロボプロ)」の話題です。

株式が大きく値を下げた2022年1月末、定例のROBO PROのリバランスが行われました。


<目次>

 
 

AI判断が冴えた2022年1月


2022年1月、各国の相場は大きく下げた中で、ROBO PRO(ロボプロ)のAI判断は冴えていたと言えます。

2021年12月の時点で、ROBO PROは米国株を全て売却してノーポジション。


(関連記事)
www.sallowsl.com


1月はご存じの通り米国株が大きく値を下げましたが、米国株を所持していなかったROBO PROの場合、資産への影響は少なく済みました。

ここ1ヶ月の資産推移は以下のようになっており、米国株の下落と比べれば影響の少なさは明らかです。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


2022年の1月にROBO PROがどのような戦略で投資をしたかについては、以下の記事で紹介しています。


(関連記事)
www.sallowsl.com
 
 

2022年1月末のリバランス


ROBO PRO(ロボプロ)では、基本的に1ヶ月に一度ポートフォリオのリバランスを行います。

(*コロナショック等、大きな相場の動きがあった場合は随時)


一度米国株をゼロにまで落としたROBO PROですが、1月末のリバランスで米国株が復活しました。それぞれの資産クラスの割合は、以下のようになっています。


ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO 公式サイト】(広告リンク)


全体として、ゴールドを少し減らして株と債券に振り分けたポートフォリオになりました。


この動きをどのように判断するかは投資家次第ですが、米国株の値動きは2022年1月よりは多少落ち着く、とAIが判断しているのだと推測できます。

AIの判断を自分の投資行動の参考にできるという意味で、ROBO PROの動きを追いかけていく価値はあるでしょう。
 
 

「AI搭載」のロボアドはROBO PROのみ


ROBO PRO(ロボプロ)の最大の特徴は、「AIを利用したロボットアドバイザー」だということ。

世の中の多くのロボットアドバイザーは金融理論に基づき、「同じリスクで最大のリターンが得られるようなポートフォリオを構築・維持」しているだけであり、AIを利用しているわけではありません。


下記の図の水色で塗られた部分が、通常のロボアドの機能です。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


ロボプロには、マーケットデータを読んで動的にポートフォリオを変更する機能があり、個人的にはこの点が別格だと感じています。

以前にロボプロの年1.1%という手数料が決して高くない、という記事を書きましたので、あわせてごらん下さい。


www.sallowsl.com


www.sallowsl.com


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.