ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ロボプロ、リバランス状況はどうなった?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中! バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円プレゼント!(広告リンク)


AIが搭載され動的にポートフォリオを変化させるロボットアドバイザー、ROBO PRO(ロボプロ)の話題です。

ロボプロの運用成績と、最近の国際情勢を受けてのリバランス状況について。


<目次>

 
 

ROBO PROのおさらい


*この項は、ロボプロを良く知らない方向けです。すでに特徴を知っている方は読み飛ばしてください。



ROBO PRO(ロボプロ)の最大の特徴は、「AIを利用したロボットアドバイザー」だということ。

世の中の多くのロボットアドバイザーは金融理論に基づき、「同じリスクで最大のリターンが得られるようなポートフォリオを構築・維持」しているだけであり、AIを利用しているわけではありません。


下記の図の水色で塗られた部分が、通常のロボットアドバイザーの機能です。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


以前にロボプロの手数料(年1.1%)は決して高くないという記事を書きましたので、あわせてどうぞ!


www.sallowsl.com

www.sallowsl.com
 
 

2020年1月からのパフォーマンス


ロボプロがサービスを開始した2020年1月からのパフォーマンスを、TOPIXや一般的なロボットアドバイザーと比較したものが以下のグラフになります。


ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO 公式サイト】(広告リンク)


ROBO PRO(ロボプロ)は世界全体の株や債券、金などを投資対象としていますので、日本株を基準としたTOPIXとの比較はそこまで意味がありません。比べるとしたら一般的なロボットアドバイザーでしょう。


ロボプロが参考にしている指標の「一般的なロボットアドバイザー」は、W社のリスクグレード3~4(*)とのことです。

株式50~70%、債権10~30%、金と不動産で10%


下記の通りロボプロは一般的なロボットアドバイザーと比べ、ここ1年強でみても優秀な成績です。

コロナショックによる下落を限定的にとどめ、その後の市場回復を十分に物にした点が、この優秀な成績を生み出すことになりました。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 

直近のリバランスと次の予定


ROBO PROの直近のリバランスは、3/2に行われました。

内容は「米国株式/先進国株式をUP、金/新興国株式をDOWN」です。


次のリバランスは3/29に行われる予定とのことで、ウクライナ情勢に関してのリバランスは行われませんでした。


 ROBO PRO ロボプロ


(関連記事)
www.sallowsl.com


私の投資成績は下記の通りです。3月上旬に一旦落ち込みましたが、最近は回復傾向にあって何よりです。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.