ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ロボプロ 2022年4月はあの資産クラスが久々に復活!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中!
バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円+Vプリカ1,000円プレゼント!
(広告リンク)


動的にポートフォリオが変わるロボットアドバイザー、ROBO PRO(ロボプロ)の話題です。

2022年4月のポートフォリオを紹介します。


<目次>

 
 

ROBO PROのおさらい


*この項は、ロボプロを良く知らない方向けです。すでに特徴を知っている方は読み飛ばしてください。



ROBO PRO(ロボプロ)の最大の特徴は、「AIを利用したロボットアドバイザー」だということ。

ロボプロ以外のロボットアドバイザーの多くは金融理論に基づき、「同じリスクで最大のリターンが得られるようなポートフォリオを構築・維持」しているだけであり、AIでマーケットデータを読んでいるわけではありません。


下記の図の水色で塗られた部分が、通常のロボットアドバイザーの機能です。


ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)


以前にロボプロの手数料(年1.1%)は決して高くないという記事を書きましたので、あわせてどうぞ!


www.sallowsl.com

www.sallowsl.com
 
 

2022年4月のポートフォリオ


ロボプロは基本的に1ヶ月に1度、ポートフォリオの「大幅な」見直しをします。

一般のロボットアドバイザーが行うリバランスではなく、毎月新しいポートフォリオで投資を行っているようなものです。


2022年4月のロボプロポートフォリオでは、久々に「米国REIT」が登場しました。


 ROBO PRO ロボプロ


【FOLIO ROBO PRO 公式サイト】(広告リンク)


私がROBO PROのポートフォリオデータを集めているのは2020年11月からですが、これまでのデータを見る限り、米国REITが登場したのは2021年9~10月の2ヶ月のみです。


ここ6ヶ月のポートフォリオ推移は、下記のようになっています。


 ROBO PRO ロボプロ
 
 

米国REIT指数との比較


米国REIT指数(iシェアーズ 米国リートETF)のここ1年の値動きは、以下のようになっています。

赤丸部分が、ロボプロで米国REITを保有した2021年9~10月の部分です。


 ROBO PRO ロボプロ
 (出典:https://www.nikkei.com/nkd/company/?scode=1659


米国REITを所有した時点の科学は2,500円程度、その後手放した10月末には2,700円まで上がり、ロボプロはこの分の値動きを利益にしたことになります。


さて今回、チャート上では3,000円まで上がっている米国REITを所有したわけですが、どうなることか。


現在の私のロボプロ投資成績は、最近の円安の影響もあり、+22%程度の利益となっています。


 ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.