ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

東海地方の案件は貴重、地理的分散に有効です。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中!
バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円+Vプリカ1,000円プレゼント!
(広告リンク)


不動産投資型クラウドファンディング「FUNDROP(ファンドロップ)」の話題です。

新たに予告された案件は愛知県の不動産です。


<目次>

 
 

FUNDROPについて


 FUNDROP ファンドロップ


【FUNDROP】(広告リンク)


FUNDROP(ファンドロップ)については久々の紹介になるので、さっとおさらいしておきます。


不動産投資型クラウドファンディング「FUNDROP」の運営会社は、「ONE DROP INVESTMENT社」です。


onedrop-inv.com


調べたところ、代表者は以前に「パシフィック・アセット・マネジメント(PAM)社」を経営していました。

ONE DROP INVESTMENT(ODI)社の事業内容は不動産の売買、賃貸、コンサルティングであり、PAM社と内容としては変わっていないようです。


ODI社はもともと、「ONE DROP FUNDING」という名前で2020年~2021年に2つのファンドを募集していました。

その後2021年6月、現在のFUNDROP(ファンドロップ)に名称変更を行い、再始動を始めたという事情のようです。



1口1万円から投資が可能で、かつ営業者の出資分(劣後出資)も比較的多く、マスターリースによる賃料保証のある案件が多いという特徴があり、安定した不動産投資の選択肢として検討できると思います。


(会員登録方法)
www.sallowsl.com
 
 

FUNDROP 10号


新しく募集が予定されている案件は、「FUNDROP 10号」です。


・FUNDROP 10号

 募集開始:9/21 12:00~(先着式・後入金)
 予定年利:5%
 運用期間:12ヶ月
 募集金額:3,840万円(一人最大投資額 100万円)
 保全など:優先劣後方式 劣後比率20%


 FUNDROP ファンドロップ


【FUNDROP 公式サイト】(広告リンク)


FUNDROP 10号は愛知県犬山市の物件、犬山駅から徒歩7分の立地に位置しています。

軽量鉄骨造2階建て、昭和62年9月竣工の中古レジデンスで、二つの棟に分かれていて戸数は合計で8。


運用期間12カ月、年利5%。劣後出資比率20%+賃料保証というスタンダードな案件になっています。
 
 

案件の仕組みと投資判断


 


対象物件をGoogleのストリートビューで見たところ、地方によくある中古レジデンス。

物件が全て埋まっているかどうかは分かりませんが、本案件はマスターリース契約(一棟借り上げ契約)が組まれていて、その賃料収入が分配原資となる「インカム型」案件です。


 FUNDROP ファンドロップ


マスターリース+インカム型の組み合わせは堅い案件となる事が多く、万一不動産が損害を受けたとしても20%は営業者の劣後出資があります。


以上のことから標準的な案件と推測され、私も資金があれば投資を検討します。



FUNDROP(広告リンク)
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.