ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

TECROWD38号ファンド、37号との違いは?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 


AGクラウドファンディング
アイフルグループとタイアップ中!
バナー経由の新規会員登録でアマギフ1,000円+Vプリカ1,000円プレゼント!
(広告リンク)


国内・海外の不動産に、小口で投資できるクラウドファンディング「TECROWD(テクラウド)」から新しい案件が登場。

直前の案件と同じタイトルですが、何が同じで何が違うのかについて紹介します。


<目次>

 
 

「White House in Chaikina」ファンドフェーズ2


カザフスタン中心部、アルマティの高級レジデンス「White House in Chaikina」開発ファンドについて、建築確認が取れたことでフェーズ2のファンドが組成されました。


・TECROWD38号ファンドWhite House in Chaikina phase2

 募集開始:12/20 18:00~(先着式・後入金)
 予定年利:9.5%
 運用期間:12ヶ月
 募集金額:5億2,400万円
 保全など:優先劣後方式 劣後比率20%


 TECROWD テクラウド


【TECROWD 公式サイト】(広告リンク)


前回は建築確認が取れるまでのファンドでしたが、今回は建築確認が取れた後のフェーズ2ファンドです。

レジデンスの竣工予定は2023年10月なので、おおよそ竣工までのファンドということになります。


なお私は前回の37号ファンドに50万円を投資していますので、後述の理由から38号への投資については見送る予定です。


 TECROWD テクラウド
 
 

37号ファンドと38号ファンドの違い


私の投資した37号ファンドと、今回募集が行われる38号ファンドはいずれも「White House in Chaikina phase2」です。


ではその違いがどこにあるかというと、「White House」という集合住宅のうち対象となる部屋番号が異なっています。


 (White House イメージ図)
 TECROWD テクラウド


TECROWD
TECROWD(広告リンク)


26戸あるWhite Houseのうち、37号ファンドは101~207区画の全15区画、38号は208~308区画の全11区画を対象にしています


そのため前回のファンドに投資していない人は、代替として38号に投資することはアリですが、37・38号で不動産の分散が効いていないことは注意が必要だと思います。
 
 

はじめて投資キャンペーン


 TECROWD テクラウド


TECROWDでは2022年12月も、「初めて投資キャンペーン」を継続しています。

キャンペーンの達成条件は以下の通りです。

達成条件:
1:TECROWDへの会員登録および投資家審査が完了していること
2:対象ファンド以前にTECROWDへの投資経験がないこと
3:対象ファンドに申込みおよび入金が完了していること
4:成立のお知らせを受け取り後、一カ月以内にアンケート(https://form.run/@TECROWD-1st-Fund)に答えること


3000円は同種のキャンペーンでもかなり太っ腹。興味がある方は、まず会員登録からどうぞ!


(TECROWD 会員登録方法)
www.sallowsl.com


TECROWD
TECROWD(広告リンク)
 
 

ウクライナ支援 目標達成


 TECROWD テクラウド


TECROWDの運営会社、TECRA社がかつてウクライナでの建設プロジェクトに関わっていたことから、TECROWDではウクライナの復興住宅支援プロジェクト(寄付型クラウドファンディング)を行っています。


私はウクライナとはそこまで縁があるわけではないですが、TECROWDに投資しているご縁から、些少ながら寄付を行いました。


 TECROWD テクラウド


やらぬ善よりやる偽善。私の偽善が少しでも役に立ちますように。
 
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.