ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

祝:FUNDINNOが資本業務提携、そしてさらなるニュース



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

日本における株式投資クラウドファンディング(ECF)の先駆け、「FUNDINNO(ファンディーノ)」から大きなニュースが入りました。

資本業務提携のニュース、それと個人的にはさらに大きなニュースです。

(本文中の画像は公式サイト、及びPR TIMESより引用しています)


<目次>

 
 

野村HD等との資本業務提携


 FUNDINNO ファンディーノ


【FUNDINNO サイトはこちら】(広告リンク)


「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する株式会社日本クラウドキャピタルは、6/16付けで野村ホールディングスとの資本業務提携を発表しました。

野村ホールディングスのネットワークを利用し、全国のベンチャー企業にアクセスすることが容易になることが期待されます。ということはFUNDINNOでで登場する案件もさらに増え、ビジネスが加速していくのが楽しみです。


また、野村HDからの資本提携をもって、2020年11月からの第三者割当増資のラウンドがクローズしたとのこと。

このエクステンションラウンドでの調達額が21.7億円ということは、シリーズCに相当すると思われます。ということは近い将来、FUNDINNOを運営するクラウドキャピタルの上場、などということもあり得るかもしれません。
 
 

募集案件の状況


 FUNDINNO ファンディーノ


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)


FUNDINNOで募集された株式投資クラウドファンディングの状況は、上の図の通りです。

2021年5月末時点で制約ファンド数、約170件に対し、残念ながら解散や倒産してしまった会社が4件、EXITした会社が5件。


EXITの中でも最大の目玉は、プロ卓球チームの「琉球アスティーダ」運営会社がTPM(東京プロマーケット)に上場したことでしょう。


 FUNDINNO ファンディーノ
 
 

私の投資状況


 FUNDINNO ファンディーノ


私は現在、FUNDINNOの案件に6件、合計51万円を投資しています。

まだEXITは出ていませんが、それは今後のお楽しみ。これからも案件を見ながら、少しずつ投資を進めていこうと思います。


なお私は株式投資クラウドファンディングについて、堅実な視点で投資を行う商品ではなく、(言い方は適切ではないかもしれませんが)宝くじのように夢を買う投資商品だと考えています。

なので投資の自己基準は、ビジネスがスケールするかとか、差別性や独自性があるかとかよりも、「ワクワクとユカイのある会社」であることを優先しています。


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)
 
 

さらなるビッグニュース


FUNDINNOの資本業務提携ニュースを調べると、さらなるビッグニュースがありました。


signal.diamond.jp


(一部抜粋)
 
FUNDINNO上に「そもそもIPOを目指さない、もしくはIPOまでにかなりの時間を要する」タイプの企業が増えていけば、別のエグジットの手段も必要になるだろう。
 
柴原氏によると、早ければ9月頃にも未上場株を個人間で売買できるプラットフォームをローンチする予定。「投資家に対して今までは未上場ベンチャーの株が買えますよと伝えていましたが、今後は(買うだけでなく)売買できますよという世界観を実現していきたい」という。


FUNDINNO上にセカンダリーマーケットがオープンすれば、未上場株を売買することが容易になります。

結果として「会社を応援するためのマネー」だけではなく、上場株のように「キャピタルゲインを狙うマネー」が流入、さらにECF市場が活発になることが期待されます。正直これが本格稼働するなら、私もさらに資金を投入します。


このような性質のマネーの流入は、これまでのECFの性質を少し変えるかもしれません。しかし私は、変わるなら変わった先があるべき姿だと思います。


ベンチャー、スタートアップへの投資ならまずはここ!
FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.