ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

maneoマーケットがクラウドリース社に破産申し立て



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

maneo関連で新しい動きがありました。
maneoマーケットが、クラウドリース社に保全管理命令申立および破産申立を行ったというものです。
機微な問題だけに所感が書きにくいですが、私の感想も含めて紹介します。

<目次>

 
 

申し立ての内容

対象のお知らせは以下のリンクになります。

www.maneo.jp

クラウドリース(CL社)からは、maneoマーケット(MNM社)の求める資料開示や回答が得られていないこと。
このままでは債権の悪化を招きかねないことから、破産手続きと保全管理命令の申し立てを行うことになったことが記されています。
保全管理命令、包括的禁止命令の内容については、上記のリンクに詳しいです。

CL社については一部案件での返済はありましたが、多くの案件では進捗がない状態が長く続いていました。
その状況を打破する一手となるのでしょうか。
 
f:id:sallowsl:20200110085917j:plain
 
 

背景を推測

長い間進捗がなかったCL社の問題が動き始めた理由については、推測はできます。

MNM社の支配株主が、Jトラストの経営者である藤澤氏の個人持ち株会社(NLHD社)に変わり、MNM社はJトラストの関係会社であるパルティー債権回収会社の支援を受けることになりました。
その後、MNM社は回収の基本方針を発表しています。

www.maneo.jp

この支援は実質的には「委託」であり、パルティールが債権回収の前線に乗り込むことになりました。
そのために取り巻く状況に変化があったことは、想像に難くありません。
また、これまでMNM社では色々な事情から取れなかった手段が、債権回収の専門家であるパルティールなら取れるということもあり、今回の強硬措置に至ったのではないかと思います。
 
 

当てずっぽうの私見

以下は完全に当てずっぽうの私見となります。

お知らせを単独で見た場合、CL社が非協力的なために強権発動せざるを得なかった、と読めます。
ただ一方で、CL社の一部案件について貸付金の回収が行われているのもまた事実。

www.crowdlease.jp

つまりCL社においては全ての案件で非協力的なのではなく、一部の案件について非協力的であるために今回の申し立てになったと推定できます。
そしてこれは完全に推測ですが、その非協力的な案件、玉入れ案件ではないでしょうか。

あの業界は現在締め付けが厳しく斜陽産業であり、かつ色々と言われている背景もあるために、その他一部返済が実現した貸付先とは状況が異なると思われます。
パルティールがその部分に切り込んだ結果、今回の申し立てに至ったというのが私の推測です。

私もいくらかの資金がクラウドリースに拘束されている身ですし、今後の状況に注目していきたいと思います。
 
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.