ソーシャルレンディング投資記録(新)

クラウドファンディング投資家のSALLOWによる実践投資記録。ゆるリタイア志望。Twitter @SALLOW_SL

CREAL早かった。新型肺炎に関するお知らせの内容を紹介。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


更新情報はTwitterで配信しています。Twitter:SALLOW_SL




不動産投資型クラウドファンディング事業者「CREAL(クリアル)」の話題です。

最近世間を騒がせている新型肺炎(新型コロナウィルス)。
NYダウや日経平均が急落する中、表面上値動きのないクラウドファンディングも無関係ではありません。

そんな中、いち早くお知らせを飛ばしてきたのがCREAL。その内容を紹介します。


<目次>

 
 

お知らせ内容の紹介

f:id:sallowsl:20131215113348j:plain
 
CREALからのお知らせメールの内容を、一部引用します。

報道されておりますように、新型コロナウイルス感染が各地で発生し幅広い業種への影響が懸念されておりますが、CREALでは、賃料収入を原資とした配当に対するリスク対策として、マスターリース*の活用や、安定性のあるテナント(転借人)選定などを行なっております。
 
また、損失が発生した場合には当社から優先的に負担する、優先/劣後方式を採用しています。
 
このような対策のもと、本日現在、投資家の皆様への配当に影響を及ぼすような状況は特段ございません。
 
*マスターリースとは
賃借人がさらに別の賃借人(転借人)にサブリース(転貸)することを前提とした契約で、転借人の退去による空き室等によって賃料の下落が発生した場合でも、CREALではマスターリース契約の賃料を固定している為、賃借人から安定的な賃料収入が期待されます。

市場に動揺が走っている中で適宜お知らせを入れてくるのは、きちんとした対応として安心感があります。
運営母体のブリッジ・シー・キャピタルは総合資産運用会社として実績を積んでいることから、こういった対応が重要であると分かっているのでしょう。
 

CREAL

(広告リンク)
 
 

マスターリースと劣後出資

先ほどのお知らせに出てきた用語、「マスターリース」と「劣後出資」について解説します。
CREALの案件説明を利用します(会員限定情報のため、具体名は伏せています)
 
f:id:sallowsl:20200227182041j:plain
 
マスターリースというのは、赤枠部のこと。

まず最初にテナントが案件を借り受けますが、その後でさらに転借人が借り受けることになります。
もし空き室が増加しちえも、テナントとのマスターリース契約金額は一定なので、リスクは限定的になるということを説明しています。


劣後出資は青枠部

それでも物件の価値が下がってしまった場合、まず優先的にCREALが損害を被ることで投資家の利益を守ります。
CREALの劣後出資はこれまでのところ10~20%程度で、社会的意義のある案件では劣後出資の割合が増える、という傾向にあるようです。
 

CREAL

(広告リンク)
 
 

これからも情報を紹介していきます

個人的に、今回の新型肺炎によって経済活動が縮小する場合、気になるのは「ホテル案件」です。

新型肺炎があっても住居に住み続けることは変わりませんし、保育園もそのままでしょう。
しかし外出を手控える動きが予想されますので、一番影響を受けやすいのがホテル案件、というわけです。

私はCREALの案件のうち、「ホテル アマネク」、「ちくらつなぐホテル」、「Q Stay and lounge上野」に投資しています。
これらが今後どうなっていくか、また記事で紹介していきますので参考にしてください。
 

CREALは、メール登録だけで詳細情報が見られます
CREAL
CREAL(広告リンク)





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.