ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

A Funding、4号案件と・・・あれ、こんな仕組みあったのか。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

不動産投資型クラウドファンディング「A Funding」の話題です。

ごめんなさい。最近は色々な不動産投資型の事業者が多く出てくるので、実は半分忘れかけていました。
A Fundingから4号案件が登場しますので、事業者や案件、仕組みの特徴などを中心に紹介します。


<目次>

 
 

4号案件は11月中旬の登場


A Fundingの4号案件は、11月中旬に登場の予定です。
下記の通り、今のところはまだ案件の詳細は公開されていません。


・A Funding 4号 不動産特定共同事業

 募集開始:11月中旬予定
 予定利率:未定
 運用期間:未定
 募集総額:未定

 A Funding


【A funding 公式サイト】(広告リンク)


募集条件は未公開ですが、これまでの案件から考えると「募集期間半年程度、利率5%、募集総額は1,000万円前後」になるのではないかと予測されます。
 
 

運営事業者と、これまでの案件の状況


A Fundingの運営事業者は、マザーズ上場のAMBITION社。
賃貸管理、賃貸仲介、売買仲介や民泊事業などを行う不動産事業者で、2019年6月時点で1万戸以上の不動産管理の実績があります。

AMBITION社の特徴の一つに、不動産事業だけではなくRPAやIoTを事業領域に組み込んでいることが挙げられます。
この関係性で、AMBITION社は(おそらく自前で)クラウドファンディングを運営することになったのでしょう。


 f:id:sallowsl:20200213193252j:plain


A Fundingのこれまでの3案件は、以下のような条件で募集されています。
小粒な案件が多く、募集と募集の間が少し空いてしまっていますので、販促のキャンペーン+大型案件をうまく組み合わせて、「頻繁に応募ができる」事業者になってくれれば、と思います。

1号案件(2020年2月募集)
利回り年6%、運用期間6ヶ月、募集総額875万円
 
2号案件(2020年8月募集)
利回り年5%、運用期間7ヶ月、募集総額840万円
 
3号案件(2020年8月募集)
利回り年5%、運用期間7ヶ月、募集総額854万円



A funding(広告リンク)
 
 

優先募集があったんですね


今回A Fundingの内容を調べていて気付いたのですが、A Fundingには「優先募集期間」という仕組みがありました。

これは、これまでにA Fundingの出資募集に申し込んだ投資家を対象に、実際の投資前に優先募集の期間を設けるというもの。
つまり、一度申し込めばその後は比較的投資しやすくなる、というものです。


A Funding


A Fundingは上場会社の行う不動産投資型案件であり、劣後出資割合(不動産の価値が減じても、この割合までは投資家の元本は損害を受けない部分)はかなり高めです。

一定の安全性はある案件ですので、次の案件には少額で出資して、優先募集の権利を取るのもいいかもしれません。


A Fundingへの投資は、下記のリンクからどうぞ。


1万円から始める、不動産投資型クラウドファンディング


A funding(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.