ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

SBISLから、「Neo22号」登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

融資型クラウドファンディング大手、SBIソーシャルレンディングの話題です。

そういえば最近オーダーメイドが出てないなと思ったのですが、新年一発目の「Neo 22号」が登場。
内容を紹介します。


<目次>

 
 

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 22号


2021年最初のSBIソーシャルレンディング オーダーメイドファンド(随時募集型ファンド)は、不動産を担保とするローン事業者に貸し付ける「Neo」のファンドです。


・SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo 22号

 募集開始:1/14 10:00~
 予定利率:5.5%
 運用期間:12ヶ月
 募集総額:5億円
 
 SBISLソーシャルレンディング


【SBIソーシャルレンディング 公式サイト】(広告リンク)


「Neo」ファンドは号数の通り22号ファンドまで登場していますが、貸付先は全て同じです。

「Neo」が付かない通称「無印」ファンドの貸付先は8社(8社全てに貸し付けるのではなく、資金需要があるところのみに貸し付けています)ですが、こちらの「Neo」は1社のみとなっています。
 
 

案件の詳細は従来通り


 SBIソーシャルレンディング


この案件は、貸付先が所持している「抵当権によって担保された貸付債権」に質権を設定します。

(貸付先は不動産を担保に貸付を行う事業者で、その担保になっている不動産に、SBIソーシャルレンディングが質権設定を行っているということです)


対象となる不動産はおそらく複数で、不動産価値の総額に対して85%を上限に貸付を行います。

この点、「Neo」が付かない「無印」は70%上限ですので、若干リスクは上がっていると言えると思います。


自分の投資ポートフォリオを確認したところ、SBIソーシャルレンディングへの合計投資額は約1,320万円でした。

うち「無印」ファンドへ710万円、「Neo」ファンドに160万円投資していますので、もう少しNeoファンドの割合を増やしても良いと判断し、今回は投資できたらしようと思います。


 
 

Neoファンドの貸付残高について


先に書きました通り、「Neo」ファンドの貸付先は全て同じです。

ということは注意すべきは、集中リスク。そこで、「Neo」ファンドの現状をちょっと調べてみました。
下記のデータは2021年1月13日、この記事を作成した時点での情報となります。


 SBIソーシャルレンディング


これを見ると、「Neo」ファンドの現在の運用額は約54億円という結果になりました。

SBIソーシャルレンディングの公式サイトによると、事業者全体の融資残高は448億円(2020年12月末現在)。ということは、Neoファンド一つで融資残高の1割強を占めることになります。


これを多いと取るか、少ないと取るかは投資家次第ですが、分散投資の参考にして下さい。


SBIグループの融資型クラウドファンディング、私の主力投資先です!
SBIソーシャルレンディング



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.