ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ふるさと納税、1月のスタートダッシュ情報



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

ふるさと納税、といえば毎年12月の駆け込み需要が多いイメージですが、実は1月も多かったりします。

その理由と、各社のお得な情報を紹介します。


<目次>

 
 

1月スタートダッシュの理由


ふるさと納税と言うと、毎年12月に駆け込みの需要が起きるというイメージが強いです。
これはただの印象ではなく、年の瀬にならないと

「最終的な所得が確定しない=ふるさと納税の限度額(自己負担2,000円で済む最大寄付額)が確定しない」

という事実があるからです。


年の途中でも、その年のふるさと納税の限度額をシミュレーションすることはできますが、どうしても少し余裕を持たせることになります。
その余裕分が駆け込みで納税されるのが、12月というわけです。


12月がふるさと納税の時期なのはこういう理由がありますが、一方では1月にもキャンペーンがそろい踏みしています。

「その年にふるさと納税をする人のパイは限られている」という前提に立てば、各プラットフォームが1月にキャンペーンを張り、先手を打ってふるさと納税を訴求するのは重要なことだからです。
 
 

ふるさとチョイスは「ニコニコエール」


ふるさと納税の大手ポータルサイト、まずは最大手(多分)の「ふるさとチョイス」。


ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」
ふるさとチョイス(広告リンク)


ふるさとチョイスでお得な返礼品と言えば、なんといっても「ニコニコエール」です。

ニコニコエールは農水省の補助事業の交付を受けている(正確には、受けることを前提とした返礼品)ため、通常であれば3割に制限されている返礼品の価格上限が外れています。


www.sallowsl.com


これまで数回に分けて行われてきたニコニコエール品も、今回が「ラストチャンス」とのこと。

もしかすると別の名称で復活するかもしれませんが、興味のある方はまずは返礼品をのぞいてみてはどうでしょうか。
ニーズに合うものがあれば、まちがいなくお得な品物になっています。



ニコニコエール品(広告リンク)
 
 

さとふるは「さとふるの日」


次は「さとふる」の話題。
さとふるでふるさと納税を行うなら、「さとふるの日」がオススメです。


 さとふる


さとふるにエントリーを行い、下記「さとふる」マークの日に合計1万円以上の寄付をすると、1万円ごとを1口として、抽選で905名Amazonギフト券またはPayPayギフトカードがプレゼントされる、という内容です。

プレゼント額は「10万円分(5名様)または5,000円分(900名様)」ということで、なかなかの太っ腹案件です。


 さとふる


キャンペーンの条件は、「会員登録(新規OK)」+「エントリー」+「対象日に1万円以上の寄付」です。


さとふる
さとふる(広告リンク)
 
 

ふるなびは最大8%のボーナス中


 ふるなび


ふるなびでは通常、寄付に対して1%のAmazonギフト券(ふるなびクラウドファンディングの場合は2%)がもらえるキャンペーンが、常時行われています。


2021/01/31まではそのAmazonギフト券が+6%、つまり通常の寄付で寄付額の7%クラウドファンディングは8%)と大量にもらえますので、気になる返礼品がある方は1/31までがチャンスです。



ふるなび(広告リンク)
 
 

楽天は「訳あり品」が狙い目です


 楽天ふるさと納税


楽天ふるさと納税は、「訳あり品」が狙い目。

ふるさとチョイスの「ニコニコエール品」と同じように、訳ありながらお得な返礼品がもらえますが、ニコニコエールと比べて選べる返礼品の種類が多いのがポイントです。


例えば熊本県高森町のお米はブレンド米になりますが、通常なら1万円で10kgが相場のところ、15kgもらえるお得な商品になっています。




その他、私の楽天ROOMでもふるさと納税を初め、今まで買った品物を紹介しています。
お時間がある時にでも、ウィンドウショッピングにどうぞ。


room.rakuten.co.jp
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.