ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

COZUCHIから久々の(?)10%案件登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 



企業を応援できる「事業投資型」クラウドファンディングです!(広告リンク)


不動産投資型クラウドファンディングの「COZUCHI(コズチ)」から、年利10%案件が登場しました。

高利率になる仕組み(理由)がある案件なので、内容を紹介します。


<目次>

 

タイアップキャンペーン中!


 COZUCHI コズチ


当ブログとCOZUCHIのタイアップキャンペーン内容です。

当ブログ経由でCOZUCHIに会員登録を行うと、Amazonギフト券2,000円分がもれなくプレゼントされます!


対象となるには、「2022/1/15までの会員登録申請」+「2022/1/20までの登録完了」が必要です。

先着1,000名限定のキャンペーンで、当ブログのバナー以外からの申込は対象外となりますので、お気を付け下さい。


タイアップキャンペーンの詳細ページ


COZUCHI
COZUCHI(広告リンク)
 
 

新案件「六本木 事業用地Ⅱ」


COZUCHIで新たに募集される案件は、「六本木 事業用地Ⅱ」です。


・六本木 事業用地Ⅱ

 募集開始:11/25 19:00~(抽選式)
 予定年利:10%
 運用期間:6ヶ月
 募集金額:3億2,000万円
 保全など:優先劣後方式 劣後比率5.9%


 COZUCHI コズチ


【COZUCHI 公式サイト】(広告リンク)


11/25から募集開始となる「六本木 事業用地Ⅱ」案件は、年利10%という高利率で登場。

久々の10%、と言いたいところですが、COZUCHIについては比較的10%案件が登場していますし、10%案件でなくとも蓋を開けたら10%超えていたとか、10%からさらに上乗せがある案件も頻発していますので、久々ではないかもしれません(笑)。


(関連記事)
www.sallowsl.com
 
 

高利率になる仕組み


 COZUCHI コズチ


今回の高利率案件の仕組みを説明するためには、「共有持分」と「共有物」の関係が重要になってくると思います。


不動産を複数で所有する場合、その所有部分は物理的に分かれているわけではなく、共有持分という権利上で分かれています。

そのため共有持分は自由に売買できますが、実物の不動産(共有物)を売却するためには、共有持分を持つ権利者全員の参道が必要になります。


 COZUCHI コズチ


COZUCHI
COZUCHI(広告リンク)


こういう事情から共有所有は、勝手に利用したり土地を売れないので使い勝手が悪く、通常の六本木の土地相場からすると3割ほど割安で仕入れたとのこと。


上記のような4つのシナリオを想定し、最も利益が大きくなる方法を目指すとのことで、ここは不動産会社というより「不動産投資会社」であるCOZUCHIのお手並み拝見です。
 
 

システム障害のフォローアップもあります


COZUCHIでは以前、10月12日にシステム障害が起きたことがありました。


この障害で影響を受けた投資家(具体的には、「10月12日発生のシステム障害についてのお詫びとお知らせ」というメールを受け取った人)は、今回の案件で優先的に投資が可能です。


優先投資内容:20万円までの申込みは当選確定、20万円を超える申込みは20万円を超える部分について抽選


傷害を受けた投資家をどう割り出したかは分かりませんが、少なくとも私は影響を受けておらず、かつメールも受け取っていないので、ある程度の確度で割りだしはできているようです。


COZUCHI
COZUCHI(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.