ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

まさかの再度キャッシュバック! CRE物流ファンド5号は蒸発必至



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

FUELが運営する「FUELオンラインファンド」の最初のサービスが、物流ファンドを扱う「CRE Funding」です。

CRE Fundingの特徴は、何と言っても「一部上場のCREグループが運営している」という信頼性の高さ。
そのCRE Fundingから第5号ファンドの公開、そしてまさかのキャッシュバック追加情報がありました。


<目次>

 
 

CRE物流ファンド5号羽生

新規登場ファンドは「CRE物流ファンド5号羽生」。
6/17(水)の19:00から募集が開始されます。


・CRE物流ファンド5号羽生

 募集開始:6/17 19:00~
 利率:3.0%
 運用期間:12ヶ月
 募集総額:3,100万円
 担保:物流倉庫、担保順位1位(LTV:72%相当)
 *CRE社の保証付き

 CRE Funding


 案件情報はこちらから → 【 CRE Funding 公式サイト 】


底堅い需要の物流倉庫、LTVも標準的な上にCRE社の保証付き。
これだけでも人気が出るのは確定ですが、今回はその上まさかの「キャッシュバックお代わり」で、蒸発必至の案件となりました。
 
 

仕組みと担保、保証など

今回の案件の仕組みは以下の通りです。
対象物件は埼玉県羽生市にある「羽生倉庫」で、出資した資金は物件の取得費用に充てられます。


CRE Funding


マスターリースはCRE社で、テナントに転借します。マスターリース方式を採っているため、テナントからの賃料が滞ったとしてもCRE社からの賃料は一定という契約になっています。

この点、テナントからの賃料が返済原資である場合に比べ、安全性は高くなっていると言えるでしょう。


CRE Funding


物件の評価額に対するLTV(Loan To Value)は72%と標準的。
さらに、一部上場のCRE社の保証も付いているためかなり堅い案件となっています。


CRE Funding
CRE Funding(広告リンク)
 
 

リスクはないの?

正直なところ、ほぼないと思います。

もちろん、投資に絶対はありませんし、一部上場企業だからといって存続し続けるわけはありません。
想定外の状況はいつでもありますから、「リスクは無い」と言い切ることはできません。


ただこのファンドの構造(マスターリースによる賃料保証、無理のないLTV、東証一部上場CRE社の保証付き)から考えて、CRE社そのものが破綻することまで考えなければ、投資家の元本はほぼ確実に保全されると判断します。

そしてCRE社の下記の実績からすれば、財務状況も堅く破綻の可能性はまずないと言えるのではないでしょうか。


CRE Funding
 
 

キャンペーン情報

さらにびっくりしたことに、CRE Fundingは4号ファンドまで実施していたキャッシュバックを5号でも行うことになりました。


CRE Funding


5号ファンドへの投資額の0.5%がキャッシュバックされます。
これまでの特徴とキャッシュバックを足し合わせると、本案件は1分以内に蒸発することがほぼ確実。私もがんばって参戦してみます。


CRE Fundingへの会員登録方法は、下記の記事をごらん下さい。
画像入りで詳しく解説しています。


www.sallowsl.com


物流不動産に投資できる機会は希少です!
CRE Funding
CRE Funding(広告リンク)





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.