ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

上場会社運営の「A funding」は来週に再始動?



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

以前に紹介したサービスが、来週に再始動するという情報が入ってきました。

1号案件を紹介してから久しぶりのことなので、内容を紹介したいと思います。


<目次>

 
 

やはり、足下の影響は大きかったのでしょうか


再始動するという情報が入ってきたのは、不動産投資型クラウドファンディング「A funding」。
マザーズ上場のAMBITION社が運営する、上場会社×クラウドファンディング、の一員です。


www.sallowsl.com


2020年の2月に1号案件を募集、そのすぐ後に2号の予告をしながら、結局これまでのところ募集は始まりませんでした。


 A funding


その間にあったことと言えば新型コロナウィルスの問題。
募集開始の遅れと新型コロナ、無関係ではないと思います。
 
 

来週、2・3号案件が募集される予定


AMBITIONは賃貸管理、賃貸仲介、売買仲介や民泊事業などを行う不動産事業者で、2019年6月時点で1万戸以上の不動産管理の実績があります。

AMBITION社の特徴の一つに、不動産事業だけではなくRPAやIoTを事業領域に組み込んでいることが挙げられます。
これが、AMBITION社がA fundingを設立するに至った大きなきっかけではないかと思います。


 f:id:sallowsl:20200213193252j:plain


A fundingの情報によると、来週に2号案件、3号案件の募集を予定しているとのこと。
(A fundingツイッター情報)


 A funding


1号案件が劣後割合30%で利回り6%と好条件だっただけに、2号案件の条件がどうなるか注目です。



A funding(広告リンク)

まとめ:

A fundingは上場会社の行う不動産投資型クラウドファンディング事業、それも劣後割合が高めということで安定性が高いと判断されます。

あくまでも一般論ですが、上場会社は非上場に比べ信頼性の点で上回り、また事業者が出資する劣後割合が高ければ、投資家の資金は不動産価値の下落から守られるからです。


A fundingはまだそれほど投資家登録が多くないと思われ、もしかしたら穴場? と思っています。
前回の案件は資金がなく申し込めませんでした。今回はどうなるでしょうか。


www.sallowsl.com


1万円から始める、不動産投資型クラウドファンディング


A funding(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.