ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【比較しました】TREC FUNDINGと一般の不動産クラファンの違い



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

東証一部のトーセイ社の不動産投資型クラウドファンディング、「TREC FUNDING」の話題です。

今回は、TREC FUNDINGと一般の不動産投資型クラウドファンディングの違いを、図で比較してみました。
TREC FUNDINGは普通の不動産投資型とは異なるところがあり、それによる利点欠点の違いがありますので、投資に興味がある方は確認してください。


<目次>

 
 

比較その①:投資時点


ここでは、TREC FUNDINGを「トーセイ不動産クラウド」、それ以外のものを「一般の不動産投資型クラファン」とします。

投資時点において、多くの不動産投資型クラファンは「優先劣後出資」という仕組みがあります。
これは同じ案件について投資家と事業者が出資し、事業者の出資が劣後出資となることで、リスクを低減する仕組みです。


一方でトーセイ不動産クラウドには優先劣後の仕組みはなく、投資家もトーセイも優先順位は同じです(これをセイムボート方式と言います)。

図示すると、以下のような違いがあります。


 TREC FUNDING
 
 

比較その②:損害が出る場合


先ほどは例として、投資額が1億円の場合を取り上げました。
運用期間が完了した後、不動産が予定通り1億円で売却できる場合は、何の問題もありません。

では例えば、不動産の価値が10%落ち、9000万円でしか売れなかった場合はどうなるのか。比較してみます。


 TREC FUNDING


一般の不動産投資型クラファンでは、不動産の価値下落はまず劣後出資から影響を受けます。

価値が10%落ちた場合、劣後出資が10%以上あれば、投資家の元本は損害を受けません。事業者が価値下落の1,000万円分を負担して終わり、です。


一方トーセイ不動産クラウドの場合、投資家と事業者の優先順位に差はありません。
不動産の価値が10%落ちれば、投資家、トーセイともに10%の損を受けます。

これだけを取ると、トーセイ不動産クラウドの方が価値下落局面では不利に思えるかもしれませんが、実はここにカラクリが一つ隠れています。
 
 

比較その②の2:トーセイ不動産クラウドのカラク


そのカラクリとは、「トーセイ不動産クラウドの取得価額は、実際の不動産鑑定額より低い」ということです。

色々な情報を見ると分かるのですが、TREC FUNDINGの1号・2号案件はいずれも、不動産取得価額(消費税や取得税、鑑定費用、各種報酬込み、供託金と予備費除く)は不動産の鑑定価格よりも1割程度安くなっています。


ということは、1割程度の価格下落なら出資した元本には損害が起きない、ということを意味しています。

これは方式こそ違えど、「投資家の元本を保全する」という意味においては、優先劣後方式と結果的には同じようなものになります。


さらにこの「取得価額>不動産鑑定額」という事実は、トーセイ不動産クラウドにおいてはもう一つの利点も生み出します。

次で説明します。
 
 

比較その③:より高く売れた場合


先は1億円の不動産が9,000万円でしか売れなかった場合を比較しましたが、それでは逆に、不動産がより高値、+10%の1億1,000万円で売れた場合を想定します。

この場合、TREC FUNDINGの利点がはっきりと分かります。


 TREC FUNDING


一般の不動産投資型クラファンの場合、想定よりも高く売れたその儲けは、事業者が取ります。よりリスクの高い劣後出資を行っている以上、儲けが出れば優先的に取っていくのは当然の権利です。


一方でTREC FUNDINGの場合、事業者と投資家の優先順位は同じなので、儲けは投資家と事業者が同様に取ります。

ここに先ほどの「取得価額>不動産鑑定額」という事実を重ね合わせると、不動産が鑑定額通りに売れれば取得価額よりも高くなる=分配利率の上振れが期待できる、という意味になります。
 
 

まとめ


以上、まとめます。

・TREC FUNDINGでは優先劣後の仕組みはなく、投資家と事業者の出資は同順位
 
・TREC FUNDINGでの不動産取得額は鑑定額より1割程度低く、この分が実質的に投資家の出資を守る保全になっている
 
・不動産がより高く売れた場合、TREC FUNDINGの方式の方がメリットが高い


さらに事業者が東証一部のトーセイであることを考えると、多少のボラティリティ(価値変動)はあるものの安定性の高い投資なのではないか、というのが私の判断です。

2号案件は集まりきらない分をトーセイが出資し、特例事業者(SPC)を子会社化することになりました。トーセイのセイムボート出資額が増えるということは、子会社であるSPCに損をさせられない安心感にもつながると思います。


(参考記事)
www.sallowsl.com
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.