ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

FUELオンラインファンドで、4条件が選べるファンド登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

FUELオンラインファンドの話題です。

先日の初回案件に続き、2回目として登場したのは4条件が選べるファンド。内容を紹介します。


<目次>

 
 

ADW米国不動産ファンド


今回FUELから登場するのは、「ADW米国不動産ファンド」。
東証一部上場企業、株式会社ADワークスグループの子会社が行う、グループ会社への貸付に対するローンファンドです。

貸付先のグループ会社「ADW Lending LLC」は、米国の住宅不動産の融資事業を行っており、今回の案件も米国不動産に紐付いた案件になります。


・ADW米国不動産ファンド 1~4号

 募集開始:1/20 19:00~
 予定利率:2.0~5.0%
 運用期間:6ヶ月
 募集総額:4条件合わせて5,000万円
 担保など:後述
 
 FUELオンラインファンド


今なら口座開設で1,000円プレゼント中!

【FUELオンライン 公式サイト】(広告リンク)


今回の特徴は、なんといっても4案件・・・ではなく4「条件」の同時募集。
保証や為替ヘッジの有無により、利率が変わってきます。

詳細について紹介します。
 
 

4条件の違い


「ADW米国不動産ファンド」の4条件を簡単に比較すると、以下の図になります。


 FUELオンラインファンド


一部上場のADワークスグループの保証が付くか付かないか、為替予約による為替リスクが有るか無いかにより、利率が異なります。

保証が付かないと+2.5%、為替リスクがあると+0.5%、それぞれ利率が上がることになります。


 FUELオンラインファンド


このローンファンドは「責任財産限定特約付きローン」であり、貸付先(ADW Lending LLC)から最終資金需要者(現地不動産会社)への貸倒が起きた場合、このファンドもデフォルトします。

(ADワークスグループの保証が付いている場合、貸倒が起きてもADワークスグループが弁済できれば、デフォルトは発生しません)


FUELオンライン
FUELオンラインファンド(広告リンク)
 
 

さて、どこに投資しましょうか


上記のことから、当然保証付きの方が安定性は高くなりますが、個人的にはそれほど気にする必要はないかなと思っています。

というのも、対象不動産の実質的LTVが「12.3%」とかなり低いためです。


 FUELオンラインファンド


投資に絶対はありませんが、これだけガチガチの担保に守られていれば、ADワークスグループの保証がなくても安全性は担保できるのではないでしょうか。

一方で為替はコントロールできないところがありますし、米国のマネーサプライを考えると、うーん・・・というところがあります。

以上のことから、私がどこに投資するかは決まりました。
あとは投資できるかどうか、これはもうやることやって最後は運頼み、ですね。
 
 

キャンペーン情報など


FUELオンラインファンドでは、2021年1月末まで新規会員登録で1,000円の現金がもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。
(ただし、すでにCRE Fundingで会員登録をしている場合は対象外です)

FUELオンラインファンドでの投資に興味がある方は、この機会に是非どうぞ。
その際は、下記リンクをご利用いただければ幸いです。


CRE FundingとFUELオンラインファンドは、少し関係性が分かりにくい方もいると思います。
説明の記事を以前にアップしておりますので、こちらもあわせてごらん下さい。


www.sallowsl.com


FUELオンライン
FUELオンラインファンド(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.