ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

TECROWD(テクラウド)9号案件登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

不動産投資型クラウドファンディングの「TECROWD(テクラウド)」の話題です。

新案件の9号案件が登場しました。対象は新しい不動産です。


<目次>

 
 

TECROWD 9号


今回募集されるファンドは、「TECROWD 9号」です。


・TECROWD 9号

 募集開始:8/23 15:00~
 予定年利:8.0%(後述)
 運用期間:30ヶ月
 募集金額:6,810万円
 保全など:劣後出資 約10%


【TECROWD 案件情報】(広告リンク)


TECROWD テクラウド


TECROWDは新興国(モンゴル)の不動産を中心にした、不動産投資型クラウドファンディングの事業者です。

1号はモンゴルのオフィス、2~7号はモンゴルのレジデンス、そして8号は日本の開発案件で、年利11%という高利率が特徴でした。


(関連記事)
www.sallowsl.com
 
 

「IC TOWER」の詳細


今回対象となる不動産の「IC TOWER」は、2022年11月にモンゴルの首都、ウランバートル中心地に誕生する複合商業型オフィスビルです。

ウランバートルの中でも特にオフィスや商業施設、行政機関が集中している地区をAエリアと呼び、今回の不動産はこのAエリアにあります。各国大使館やシャングリラホテルもある、活況な場所とのこと。


TECROWD テクラウド


TECROWD
TECROWD(広告リンク)


TECROWD 9号の対象は、オフィスエリアの12Fと駐車場の一部です。

おそらく他のエリアも、いずれ別のファンドとして募集されるのではないでしょうか。


TECROWD テクラウド
 
 

収益の入り方に注意


本ファンドの対象不動産は、2022年11月に竣工、2023年2月に稼働するため、収益の入り方が特殊なことが注意です。

具体的には2021年11月~2023年2月までは年利4.5%、2023年2月~2024年4月(運用終了予定)までは年利11.5%で、平均した年利が8.0%になります。


TECROWD テクラウド


面白い案件ですし、投資対象不動産の分散に有効と思いますが、新興国の開発不動産ということで一定のリスクはあります。

一部の資金を振り向けて投資をしてみたいと思います。


TECROWD
TECROWD(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.