ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ファンドの作り方がうまい、と感じます。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

不動産投資型クラウドファンディング、「property+(プロパティプラス)」の話題です。

近日中に募集開始となる案件の紹介。こういったファンドの作り方は、いずれ他の事業者でも真似してくるのではないでしょうか。


<目次>

 
 

property+の紹介


「property+(プロパティプラス)」は、株式会社リビングコーポレーションが運営する不動産投資型のサービスです。

リビングコーポレーションは東証一部に上場する「飯⽥グループホールディングス」のグループ会社であり、事業者の信頼性は比較的高いと思われます。


property+(プロパティプラス)のサービス紹介については、下記の記事もあわせてどうぞ。


(関連記事)
www.sallowsl.com


 
 

「Branche阿佐ヶ谷ファンド4」は年利10%!


・Branche阿佐ヶ谷ファンド4

 募集開始:9/15 12:00~(先着)
 予定年利:10%
 運用期間:3ヶ月
 募集金額:1,200万円(一人最大50万円)
 保全など:優先劣後方式(劣後比率 約70%)


【property+(プロパティプラス)】(広告リンク)


 Property+ プロパティプラス


自社商品の「Branche(ブランシェ)阿佐ヶ谷」の1室が対象で、通常であれば利回り3.3%程度のところ、キャンペーンファンドで利率10%になっています。

おまけに劣後割合は70%ほどあるとのことで、まちがいなくご祝儀ファンドです。


投資上限は一人あたり50万円(つまり、1,200万円を最小24人で分け合う)ですが、激戦は必至でしょう。
 
 

Branche桜山Ⅲファンド4


・Branche桜山Ⅲファンド4

 募集開始:9/15 10:00~(先着)
 予定年利:3.5%
 運用期間:12ヶ月
 募集金額:5,220万円
 保全など:優先劣後方式(劣後比率 約4%)


【property+(プロパティプラス)】(広告リンク)


 Property+ プロパティプラス


「Branche(ブランシェ)桜山Ⅲ」3室の区分賃貸マンションが対象で、年利3.5%・12ヶ月の案件。

説明文を読む限りはインカム中心(家賃による利息払い)で、リスク(=リターンの変動)が低い案件と思われます。


リビングコーポレーションは多数の開発実績があり、そのノウハウをもっての募集案件とのことですが、劣後出資について言えば10%位あっても良かったのでは? と思ってます。

(4%でも10%でも、おそらく実質的に大きな違いはないのでしょうが、投資家側の心理の問題です)
 
 

二つのファンドの関係性


二つのファンドの募集時間を比べると、以下のようになっています。


・Branche桜山Ⅲファンド4:9/15 10:00~

・Branche阿佐ヶ谷ファンド4:9/15 12:00~ ← 年利10%


競争を避けたい投資家向けに、確実に投資できる低金利側の案件を先に募集し、激戦が予想される高利率に投資できなくとも低金利側の案件が残っているようにする、というファンドの作りです。


「キャンペーン案件+通常案件」+「前入金」という組み合わせは、投資促進にはうまい構成だなと思いました。

実際に私も、前回の募集でキャンペーンが間に合わず、通常案件に投資しています。


 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.