ソーシャルレンディング投資記録(新)

【ゆるリタイアからのFIRE達成】クラウドファンディング*ロボットアドバイザー投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ECFは次のステージへ! ベンチャー株取引がオンラインで可能になります。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 



企業を応援できる「事業投資型」クラウドファンディングです!(広告リンク)


ECF(株式投資クラウドファンディング)にとって、大きなニュースがありました。

FUNDINNO(ファンディーノ)が第一種金融商品取引業への変更登録を完了、ベンチャー株式のオンライン取引に向けて準備を進めています。


<目次>

 
 

リリースの内容


FUNDINNO


【FUNDINNO 公式サイト】(広告リンク)


FUNDINNO(ファンディーノ)を運営する日本クラウドキャピタル社は、ベンチャー企業などの未上場株式をオンラインで売買できる「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進める発表を行いました。


FUNDINNO MARKETは12/1にプレサイトオープン、12/8にサービス開始という予定で進行中。

この話題は、日経でも取り上げられました。


(関連記事)
www.nikkei.com
 
 

セカンダリー市場の説明


事業者と投資家の間で行われる取引がプライマリーマーケット、投資家同士の間で行われる取引がセカンダリーマーケットと呼びます。

ベンチャー株式のオンライン取引が可能になるというのは、セカンダリーマーケットが開かれることです。


セカンダリーマーケットの存在がECF(株式投資クラウドファンディング)に何をもたらすか、については、以前に記事で書いたことがあります。


(関連記事)
www.sallowsl.com


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)


明確なメリットとしては、流動性に乏しかったベンチャー株が流動性を持つことにより、市場自体が活発になり資金流入も増大することが見込まれること。

一方でメリットばかりではなく、これまで中長期的視点で企業を応援しようという目的だったECFに、より短期の利益を狙う資金が流入することにより、ECF自体が変質する可能性があります。


このあたり、どのようにさじ加減を取るのかは個人的に注目しています。
 
 

個人的には、もちろん歓迎です


世の中何かが変われば、良い変化ばかりでないのは常のこと。

今回のセカンダリーマーケットも、上記の通りメリットだけではない変化が起こることが予想されます。


個人的な考えですが、ある市場が成長していく過程において、市場そのものが変質していくのは当然だと思います。

融資型のクラファンにおいても、過去の不祥事や事故を経て、現在はより安定した案件や上場事業者による運営などが成されるようになったのも、これと同様です。


リリースまであと1ヶ月とちょっと。どんなサービスになるのか、私もいくつかの会社に出資していますので楽しみに待とうと思います。


FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(広告リンク)
 



© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.