ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

(後編)相場は少し落ち着いたので、ロボットアドバイザー投資を紹介します。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


更新情報はTwitterで配信しています。




ロボットアドバイザー投資に関する紹介です。
以下の記事の続編にあたります。以前はウェルスナビを紹介しましたが、今回はTHEO(テオ)の状況を紹介します。
 
www.sallowsl.com


<目次>

 
 

THEOの状況は、まだ元本割れ。

私の現在のTHEO(テオ)の状況は、以下の通りです。
元本69万円に対して-4.5%ほど。一時に比べれば盛り直してきましたが、まだまだ元本割れの状況が続いています。


f:id:sallowsl:20200413160623j:plain
 

THEO

(広告リンク)


参考までに、ウェルスナビでは投資成績はプラスに転じています。
どのような理由でこういう結果の差が出たのか、次で説明します。


f:id:sallowsl:20200409160725j:plain
 

WealthNavi

(広告リンク)
 
 

THEOでのポートフォリオ

ウェルスナビの投資成績がプラス、THEOではマイナスになっている大きな原因は二つあります。

一つは、THEOにおけるポートフォリオがウェルスナビとは異なることです。
(ちなみにもう一つの理由は、単純に投資開始時期が異なるからです)


ウェルスナビでは「株式25%、債券65%、金+不動産10%」という組み合わせで投資を行っています。
これに対し、THEOでのポートフォリオ「グロース(株式中心)14%・インカム(債券中心)64%・インフレヘッジ(現物中心)22%」です。


f:id:sallowsl:20200413162833j:plain


そしてインフレヘッジの中には、コモディティ(金属などの現物)やエネルギー株が多く入っており、これらの商品は原油安と資源安で大きく価値を減じています。
この影響が全体にも現れているため、投資成績はマイナスとなっています。


f:id:sallowsl:20200413162830j:plain


念のために書き添えますと、この投資結果の違いは投資対象先や投資開始時期の違いによるもので、THEOとウェルスナビのパフォーマンスに優劣がある、ということを意味しません。
長期の分散投資は、これからも続けていこうと考えています。


THEO(広告リンク)
THEO
 
 

気になるロボットアドバイザー

新型コロナウィルスによる相場の激変は少し落ち着き、恐怖指数とも言われるVIX指数も一時に比べれば低下してきました。
二番底の懸念はもちろんありますが、第一波は通り過ぎたと言えるのかもしれません。


f:id:sallowsl:20200413165441j:plain
https://jp.tradingview.com/symbols/CBOE-VIX/ より引用)


こういった状況で少し気になっているのは、「FOLIO ROBO PRO」というあたら言いロボットアドバイザー。
通常の投資理論(現代ポートフォリオ理論)に基づく投資対象の決定に、さらにAIを加えたもので、新時代のロボットアドバイザー投資と言えるかもしれません。

FOLIO ROBO PRO」の詳細は、下記の記事もごらん下さい。


www.sallowsl.com


www.sallowsl.com
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.