ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア志望。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

【キャッシュバック継続!】CRE Funding 第6号案件公開です



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

前回なんとか投資できたCRE Fundingから、第6号の案件が登場します。


www.sallowsl.com


まさかのキャッシュバック継続で人気再燃まちがいなし。もちろん私も参戦予定です。


<目次>

 
 

第6号案件は、CRE Funding最大規模!


CRE Fundingの第6号案件は、7/21からの募集となります。
今回の募集額は7,000万円、CRE Fundingではこれまでの最大規模の募集となっています。


・CRE物流ファンド6号羽生

 利率:2.8%(利益配当は3ヶ月毎)
 運用期間:約10ヶ月
 募集金額:7,000万円
 担保など:対象不動産(物流倉庫)に対する第一順位根抵当権 LTV:72%
  株式会社CREの保証付き

 CRE Funding


前回の5号案件と比べると、利率が3%→2.8%と微減。
予定運用期間も12ヶ月→10ヶ月となっていますが、大まかな条件はほぼ変更無し、という理解でいいと思います。


(前回案件の紹介記事)
www.sallowsl.com


CRE Funding
CRE Funding(広告リンク)
 
 

案件の内容を紹介します


「CRE物流ファンド6号羽生」の内容を紹介します。基本的には「5号」と同じなので、5号をご存じの方は目新しい情報はないと思います。


 


埼玉県羽生市の東部、多くの物流施設がある工業団地内にある物流倉庫が対象。
東北自動車道の最寄りICまで2kmと、物流倉庫として使いやすい立地です。

この倉庫をCREが借り、別の借り手に転借します。年間賃料については固定賃料(マスターリース)であり、CREから支払われます。
固定賃料が利息支払いの原資で、別ファンドやリファイナンスで最終的な返済を行う予定になっています。


 CRE Funding


担保はまず不動産担保。
対象不動産の鑑定評価額が1億4,100万円(DCF法による)あり、CRE物流ファンド5号・6号合わせた貸付金が合計1億100万円、LTVは72%相当。

これだけなら標準的な担保ですが、大きな特徴は東証一部上場、CRE社の保証付き」ということです。
大まかに言えば、この倉庫が天災で大きな損害を受けたとしても、CRE社が潰れなければ投資家の元本は保証されます。


もちろんリスクがゼロとは言えませんが、安全性はかなり高い案件と思います。
 
 

キャッシュバック第3弾!


 


このファンドのもう一つの特徴は、キャッシュバック第3弾。
下記の通り、投資額の0.5%がキャッシュバックされます。

・対象ファンド
 CRE物流ファンド6号羽生
 
・ファンド募集期間
 2020年7月21日 19時00分 ~ 2020年7月29日 15時00分
 
・キャッシュバック金額
 投資金額の0.5%
 
・キャッシュバック時期
 2020年8月下旬(予定)
 
・キャッシュバック方法
 FUELオンラインファンド投資口座に入金


通常キャッシュバックというのは、色々な意向があるでしょうが集客手段の一つとして使われることが多いです。
大人気のCRE Fundingでは正直、第3弾どころか第2弾があるとも思っていませんでした。


「CRE物流ファンド6号羽生」の募集は7/21から。まだ時間がありますので、今から会員登録をしても間に合うと思います。
CRE Fundingへの会員登録方法は、下記の記事で紹介していますのでごらん下さい。


www.sallowsl.com


1万円から始める、上場会社の物流ファンドへの投資!
CRE Funding
CRE Funding(広告リンク)





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.