ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

AIは「今」をどう見ているのか? ROBO PRO驚きのポートフォリオ



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

アメリカ大統領選は様々なニュースが飛び交い、法廷闘争にもなりそうな雰囲気。

円高、株高、大統領選の行方や今後の世界など、様々な不確定要素が複雑に絡み合っています。
そんな中、AIは「今」をどう見ているのか、ポートフォリオから探ってみます。


<目次>

 
 

一目で分かる、異様なポートフォリオ


今回の話題は、AI搭載のロボットアドバイザー「ROBO PRO」です。

実は勘違いされている方が多いと思いますが、一般的なロボットアドバイザーにはAIは搭載されていません。
ROBO PROと一般的なロボットアドバイザーの違いについては、下記の記事で紹介していますが、簡単に言えばROBO PROは「ポートフォリオ(投資対象の資産)がAIの判断で動く」ということは押さえて、以下の内容をごらん下さい。


www.sallowsl.com


現在のROBO PROによるポートフォリオは、「株29%・債券20%・コモディティ49%」という、かなり異様な内容になっています。


 ROBO PRO ロボプロ


この中身を見てみると、さらに驚く内容となっていました。


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 

米国よ、どこ行った?


その衝撃の中身を見ていきます。

まずコモディティ部分ですが、ROBO PROのコモディティは100%金のみで構成されています。つまり現在、ROBO PROに資金を入れている人の投資対象は、半分は金だということです。


 ROBO PRO ロボプロ


次に株式。これはとても驚きました。
なんと現状、株式を構成しているのは100%新興国株。米国株はどこにもありません(以前はあったことは確認済み)。


 ROBO PRO ロボプロ


さらに債券部分も、大半はハイイールド債券。米国債券は20%以下で、以前あったことを確認している新興国債券はゼロになっています。


 ROBO PRO ロボプロ


FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 
 

この状況、どう見るべきか


ROBO PROに搭載されたAIは、各種のビッグデータから情勢を分析し、その時々で最適と思われる資産に投資をします。
その実力はコロナショックからの回復期に遺憾なく発揮され、他のロボットアドバイザーを圧倒、この時期に急落から急回復したS&P500のパフォーマンスと同等の成績となりました。

他のロボアドやS&P500との比較については、下記の記事を参照して下さい。


www.sallowsl.com

www.sallowsl.com


AIの判断が一定程度正しいとしたら、つまり

米大統領選の結果、アメリカが相当揺れることが予想できるから、一旦ほぼ全ての米国資産を待避させておく。
どちらかと言えば近い将来は、コロナショックから回復傾向にある新興国に投資妙味がある」

と判断した、ということかもしれません。
 
 

AIの判断を投資に応用する、という考え方


今の私は個別株や投資信託をやっていませんが、もしやっていたとしても、ROBO PROには資金を投入したと思います。

資金を投入すればAIは状況に応じてポートフォリオを決定し、その決定内容からAIが何を考えているか、上記のように逆算することができるからです。その情報はまちがいなく、投資の役に立つでしょう。

つまり、AIの判断を自身の投資に応用するわけです。AIは人間では過労死する量のビッグデータを、疲れ知らずに読み込んで投資を行うことができ、その分析力は私を含め多くの個人投資家を超えているはずです。


ROBO PROの最低入金は10万円。
AIがポートフォリオを決めるとは言え、株式・債券・金に分散されている資金が、大きく打撃を受けることは考えにくいです。
(もしこれらが全て大きな損を出すときは、自身の投資も大損しているでしょう)


10万円を預けてAIの投資判断を垣間見られるのなら、それは有効な手段ではないかと考えます。


日本初、個人向けAI搭載ロボットアドバイザー登場!
FOLIO ROBO PRO
ROBO PRO(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.