ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

過去最大級、SBISLからメガソーラー32号登場!



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

SBIソーシャルレンディングから、これまでで最大のファンド募集が行われることになりました。

利率も最大級で、これは人気が出そうです。
もちろんリスクもありますので、内容を紹介します。


<目次>

 
 

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド32号


今回募集されるのは、メガソーラーブリッジローンファンド(愛称:かけはし)の32号。
いつのまにか、32号まで募集してましたね。


・SBISLメガソーラーブリッジローンファンド32号

 募集開始:9/23 10:00~
 予定利率:8.0%
 運用期間:21ヶ月
 募集総額:28億円

 SBIソーシャルレンディング


【SBIソーシャルレンディング 公式サイト(広告リンク)】


今回の大きな特徴は、「28億円」というその規模です。

ちょっと調べてみたところ、これまでのSBIソーシャルレンディングにおける最大の案件は、「SBISLバイオマスブリッジローンファンド7号」の26億円。今回はそれを超える規模。


SBISLで最大規模ということは、事実上日本のソーシャルレンディングで最大規模ということでしょう。

おそらく全額埋まるとは思いますが、どのくらいの期間で埋まるのかが注目です。
 
 

案件詳細とリスク


今回の案件は、これまでと同様「玄海インベストメントアドバイザー社」との協業ローンファンドとなっています。
仕組みは同様のファンドと変わったところはありません。


 SBIソーシャルレンディング


会員限定の情報では貸付先が分かりますが、おそらくこの太陽光発電のための会社でしょう。
匿名になっている、と言えるのかもしれませんが、玄海インベストメントアドバイザー社が社名を出しているので、それほど問題ではないと考えます。



開発する太陽光発電所は、北海道の北斗市
土地面積は約366,000m2で、売電価格は24円/kWhと標準的だと思います。


利率8%は魅力ですが、担保となるのは事業用地の地上権(他人の土地で、その上に工作物を所有するため、土地を使用する権利)。
土地そのものの権利ではなく、換価は難しいという点は注意です。


これまでのメガソーラーの実績(遅延無し*、貸倒無し)と、いざというときのリスクの両面を考える案件でしょう。
28億円が瞬間蒸発することはなさそうなので、私は様子見の予定です。

*内部遅延は数日あったものの、投資家の返済に影響のある遅延は無し
 
 

現在の投資状況


最後に、私のSBIソーシャルレンディングにおける投資状況です。


 SBIソーシャルレンディング


利益額の¥483,763は現在の案件のみ。
これまでの累計だと、手元の計算になりますが利益はおよそ190万円出ています。


一部案件では残念ながら、元本の一部が貸し倒れることになりました(上記の190万円は、それを差し引いています)。
投資をしている以上は、損得は必ず付いて回るもの。リスク分散が大事です。


国内最大手のソーシャルレンディング事業者です
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング(広告リンク)
 





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.