ソーシャルレンディング投資記録(新)

ゆるリタイア実践中。クラウドファンディング兼業投資家のSALLOWによる、投資記録と投資情報のブログです。

ロボットアドバイザー×AI、3月の運用成績はちょっと驚きでした。



クリックよろしくお願いします。いつも励みになっております。

 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ    


フォローもよろしくお願いします → 

最近少し気になっているロボットアドバイザーの話題です。

私はすでに「WealthNavi(ウェルスナビ)」と「THEO(テオ)」を利用しているのですが、3つめはこれかな、と思っています。
進化形のロボットアドバイザーの紹介です。


<目次>

 
 

ロボットアドバイザー×AI

注目しているロボットアドバイザーは、FOLIO ROBO PRO」 です。

通常のロボットアドバイザーは、ノーベル賞を受賞した投資理論(各種投資商品のリスクやリターンの関係や相関性を明らかにしたもの)にもとづいて、同じリスクの中でリターンを最大にするように投資商品の組み合わせを設定しています。

この決めた設定にしたがって自動売買、バランスの組み直しなどを行うのが、ロボットアドバイザーです。


一方で、「FOLIO ROBO PRO」(広告リンク)の場合、この投資商品の組み合わせ(ポートフォリオ)を決定する際に、AIを利用するところが異なります。

AIを使い、どうやってポートフォリオを決定するか、詳細はこちらの記事でどうぞ。


www.sallowsl.com
 
 

2020年3月、どうなったのか

FOLIO ROBO PROから今回公開されたのは、「3月末までのリターン」。
2020年3月はご存じの通り、世界に新型コロナウィルスの感染が巻き起こった時期です。

その時期のFOLIO ROBO PROの投資成績は、一般のロボットアドバイザーと比べてどうだったのか。
結果はこうなりました。


FOLIO ROBO PRO 2020年3月 投資成績


一般的なロボアド対比+9.5%。
「一般的ロボアド」という定義は少し曖昧です(一般的な運用アルゴリズム、リバランス有りとのこと)が、それにしても優秀な結果であることはまちがいないと思います。

次に、この成績の中身、つまり日々の値動きを見てみます。


FOLIO ROBO PRO 2020年3月 投資成績


通常局面においての値動きは一般的なロボットアドバイザーと同程度、そして下落局面ではかなり強いということが分かります。

これで上昇局面も鈍い値動きであれば、単に「リスクの大きなポートフォリオを組んでいるロボットアドバイザーと比べた」ということなのですが、上昇局面では普通の値動きであることから、AIは良い仕事をしていると思います。


FOLIO ROBO PRO(広告リンク)
FOLIO ROBO PRO
 
 

この結果は立派だと思います

この2020年3月は、ほとんど全ての投資商品(株式、債券、不動産など)が大きく値下がりをした期間となりました。

それらの投資商品の値動きとFOLIO ROBO PROを比べてみると、その優秀さはよく分かります。



値下がりがおとなしい投資商品は米国債券と金、そしてここには載っていませんが日本債券くらい。
その中で一般ロボアド比+9.5%の成績を出すためには、値下がり危機を判断して先進国債券へ資金を移すか、もしくは現金として持っていることくらいしか方法がありません。

これを精度良く判断できる方なら、素晴らしい投資家になれるでしょう。
凡人である私はこの判断をする自信はなく、素直にAIを頼るのが最適と言えそうです。


今回の結果を見て、FOLIO ROBO PROへ投資することを決めました。


FOLIO ROBO PRO





© 2019 「ソーシャルレンディング投資記録」 SALLOW All rights reserved.